遥かなる尾瀬・Brestを目指して?

五十歳半ばのオジサンが健康のため、山歩きと自転車で出かけます。
趣味の話を少々(パソコン、カメラ、ゴルフ、etc)。

三つ峠登山 その②

2017-06-28 22:29:19 | 旅行

6月25日(日)~26日(月)の一泊二日で三つ峠に行って来ました。

その②

いよいよ登山道に、鎖場や手をつく岩場はないのですが、徐々に高度を上げて行きます。

馬返しに14:12着。ベンチで補給、14:35出。

 

15:50に八十八大師に着。

スマフォの電源を入れると、IP電話が圏外。仕方なく先へ進みます。

この先も、電波チェック⇒写真撮影で息を整え高度を上げます。

日没が迫り、ガス(雲の中?)が。屏風岩を回り込み、最後の階段を登りきると、17:20本日の宿の「四季楽園」さんに到着。

7時間、標高差1200m弱、水2Lを飲みつくしたところでした。

到着が遅れたことと、連絡ができなかったことを詫びて、楽しみにしていたシャワーは降雨量が足りず無し。水500ml一本300円を2本購入し部屋で体を拭いて、来ていたものを乾かし、18:00時間が来たので食堂へ、

本日の宿泊は自分一人の貸切状態、二日前の朝に山小屋のおじさんから、雨の予報だが本当に泊まるのか電話があった、おそらく他の人はキャンセルしたかな?

献立も山小屋というより、民宿並みの豪華さ。物資はジープで上げているようだ。

食事が終わって部屋に戻ると、夕間詰に富士山が。地元の猪苗代湖でも、日中風が吹いていても、日暮れの少し前に穏やかになるのと同じかな?

残雪の中に見えるのは、吉田口登山道かな?

そういえば、去年の秋の尾瀬も台風の中を移動し、初日こそ小雨が残ったがやはり宿は宿泊2名のほぼ貸切状態。まるでデジャブ?富士山も山開きすぐの平日、まあこんなにガラガラじゃないだろうけど。

下山道を検討しつつ、20時には夢の中?へ、おやすみなさい。

 

その③へ続く。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山を目指して、先ずは三... | トップ | 三つ峠登山 その③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。