悟りへの道標(悟った人の言葉を紹介していきます)

現在は主にニサルガダッタ・マハラジ(1897~1981)の言葉がメインです。みんなで悟りましょうヽ(=´▽`=)ノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1979年9月16日「『我在り』いう知識が現れる前、それがパラブラフマンや」

2016-09-18 20:55:48 | ニサルガダッタ・マハラジ
1979年9月16日

ニサルガダッタ:ヴィシュヌの炎は永遠に燦然と輝くもんとされとる。その炎がこの体に入ったいうことは、性質が変化したいうことちゃうねん。動物に入っても人間に入っても元の性質は失われとらん。お前さんが「ワイがおるんや」言うて、それを自分自身として主張しとっても、変わらんと1つや。意識の帝国はお前さんのもんや。それ悟ったら、自分が一人の人やないてわかるわ。

訪問者:マハラジは、「世界は意識を通って出てきてん。その意識が”我在り”や。その裏にあんのが気づきや。せやけどそこには、”自”意識はあらへん」言うとった。気づきいう言葉で暗示されとるんは、この存在や。存在はさらに所有権を暗示しとる。それは「存在って誰のもんなんや?」っちゅーこと意味しとる。そしたら”自分”いう感覚に戻ってくんねん。

ニサルガダッタ:お前さんの目覚めの状態を理解して知っとんのは誰や?

訪問者:その”ワイがおる”や。

ニサルガダッタ:目覚めの状態が”ワイがおる”や。せやけど、誰がその”ワイがおる”見とん?目覚めの状態以前に、お前さんおらんかったんか?

訪問者:気づき、”在る”いう感覚には基点があんねん。そんでその基点は、自身を”在る”とか”ワイ”ゆーて感じるところにいつでも戻ってこなあかんねん。

ニサルガダッタ:気づきの感覚の裏に所有者なんかおらんで。

訪問者:なんでそのこと知ってるん?

ニサルガダッタ:それはただ在んねん。描写超えとるから、言葉は何の役にもたたん。それが不滅の境地や。この現象はその動きにすぎへんもんや。誰もパラブラフマンにならんし、誰もパラブラフマンになれん。それは在んねん。”ワイがおる”いう知識がお前さんに現れる前、それがパラブラフマンや。

訪問者:”ワイがおる”が自我と心と同じもんやっちゅーことは理解できんねん。でも神は自分で自己紹介しとって、「ワイはーワイで在るもんで在るやでー」が真理や言うとったで。そこには2つの”在る”が入っとんねん。

ニサルガダッタ:1この”ワイ”は土台、もう1こは動宇宙や。

訪問者:後ろ下がって”ワイがおる”から抜け出しても、やっぱり”ワイ”いう感覚そのままやねん。

ニサルガダッタ:ちゃんと戻れば”ワイがおる”いう意識は消えるんや。そこに動きなんかあらへん。

訪問者:グルって太陽にたとえられてきてん。グルから光放射されとるけど、その光に向き直って進むんは探求者の責務や。

ニサルガダッタ:グルいうんは、遍満しとる最も純粋な意識のことやで。

訪問者:せやけど本には「サーダカが師を探しとる」っちゅーシチュエーション描かれとって、「グルはもっと熱心で、サーダカの発見をもっと切望しとる」らしいで。

ニサルガダッタ:ここにどんな本も一切持ち出しなや。直接尋ねえ。グルいう言葉も使いなや。最も純粋な意識、そんだけや。

訪問者:この最も純粋な意識の前に留まっとる探求者がおんねん。「純粋意識は自身を、個人的にも非個人的にも現す」らしいわ。そんときグルは、サーダカを光に向けるよりも、サーダカに個人的な関心もっとるんか?

ニサルガダッタ:真の探求者いうんは、自己オンリーの知識の獲得望んどる者のことや。残りの望みはお前さんに、サーダカやなくてジーヴァ呼ばれる権利くれるわ。こんなんお前さんの知性が凧揚げしとるだけやで。

訪問者:それって「純粋意識の前におるサーダカは、純粋意識がサーダカを愛するよりも、純粋意識を愛しとる」っちゅー意味か?

ニサルガダッタ:それは2つやあらへん。1つや。何の違いもあらへん。

訪問者:それは絶対なるもんの次元のもんや。

ニサルガダッタ:その愛の流れ感じるんやったら、その流れがお前さん自身の純粋意識やねん。
「ワイは誰々を愛しとる」とか「ワイはグルを愛しとる」とか「グルはワイを愛してるはずや」って思いなや。知りたいと思っとるんは、愛と一緒に流れとるんは、お前さん自身の自己や。その愛が、自己を愛する自己や。

訪問者:せやけどこれ悟るん助けてくれるために、純粋意識から絶えず生じとるもんがあるっちゅーことは、ほんまなんか?

ニサルガダッタ:グルの記憶が浮かぶんは、純粋意識全体が1つになりたいと願っとる者らだけや。

訪問者:ワイらは、「純粋な心は、自己実現を達成する必要条件の1つや」って信じさせられとる。
”純粋”やったら、心の内側の幸先良い想念理解するんか?それか、その内容に関係あらへんとどんな想念でも理解すんのか?

ニサルガダッタ:完全に心投げ捨てえ。そんなもん身心意識の指標にすぎへんもんや。お前さんには、形も名前もあらへんねん。川から水生じたら、性質変わったか?水の容れもんはただの想像や。水は1つや。すべての偉大な化身たちを通して、誰が現れとるんや?ロバとかブタを通して、誰が同いで現れとるんや?あらゆるもんはみんな、意識オンリーや。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1979年9月14日「お前... | トップ | 1979年9月17日「お前... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニサルガダッタ・マハラジ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。