悟りへの道標(悟った人の言葉を紹介していきます)

現在は主にニサルガダッタ・マハラジ(1897~1981)の言葉がメインです。みんなで悟りましょうヽ(=´▽`=)ノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1979年9月14日「お前さんはもうとっくに究極なるもんや。何かであろうとしなや」

2016-09-18 06:28:27 | ニサルガダッタ・マハラジ
1979年9月14日

訪問者:瞑想中静寂に達したとき、「ワイって何者や?」て聞いたら、もっと深い静寂が訪れんねん。そこでは「自分」いう観念は起きへん。これがその境地なんか?せやったら、自己悟る前に垣間見ることってあるんか?

ニサルガダッタ:こういう体験は、お前さんの誕生境地内のもんや。

訪問者:ワイが言っとる境地は、誕生が忘れられとる境地や。名前と形も忘れられとんねん。

ニサルガダッタ:三昧とか瞑想についてお前さんが説明したもんは、正解や。せやけどやっぱり、身心から生まれた想像の産物や。その静寂もやけど、お前さんが瞑想中にどんな体験しとっても、意識内に限定されとるもんや。意識は生まれて、消えんねん。意識より前に、お前さんはおるんやで。

訪問者:「自己は自ら輝いとる」とか「自己は光や」、それに「自己の光が反映されて、意識は現れる」とも言われとる。マハラジが仄めかしとる境地は、その光追い求めれば発見できるんか?

ニサルガダッタ:お前さんの前に現象化されたもんは、ぜーんぶ意識から生まれたもんや。

訪問者:自己そのものと等しい自明灯のこと、ワイは話しとんねん。真理の探求者やったら、その光見つけたら真理見つかるんか?

ニサルガダッタ:真の気づきがあんねん。そっから意識は生まれとる。そんでその意識が、お前さんの"我在り”いう感覚やねん。自分の意識と1つになり。それがお前さんにできる全てや。そしたら、終の境地がお前さんに現れるはずや。お前さんにできんのは、起こっとるもんを見ることだけや。それゲットすんのにできることなんか、なーんもあらへんねん。

訪問者:マハラジの気づきを抑制せんと要になっとる自明灯が、マハラジの気づきの中にはあるんか?

通訳:前にそれマハラジ認めとったで。そういうもんは唯の名前や。お前さんはそれ、真の気づき、終の境地、自明灯いうて呼べんねん。せやけど、意味は同じや。

訪問者:それって文字通りちゃうやんな?

通訳:文字通りちゃう。

訪問者:多くのアドヴァイタ・ヴェーダンタの宗教本には、「自己に気づくとき、浸透する輝きがあるんや。世界やマーヤに含まれとるその輝きは、原初の輝きの反映やねん」いう見解記されとる。それって文字通りちゃうん?

ニッサルガダッタ:マーヤは、描写不可能な一なるもんの現れや。意識は、このすべてを通して自身を表しとんねん。そんでお前さんは、その意識の前におんねん。意識がこの現象世界の本質や。そんでお前さん、絶対なるもんが、意識の本質や。
お前さんがどんなもん読んどっても、それは作者の観念にすぎへんもんや。そういうもんってお前さんの個人的な知識と合うてるんか?

訪問者:いーや。こういうもんは”我在り”いう感覚手に入れるためのガイドラインや。「すべてのグルは1つや」とも言うてんで。

ニサルガダッタ:グルは、”我在り”いう同一遍満意識や。サット・グルは、”我在り”いう一等観念も含めたこういう観念ぜーんぶ超えとんねん。

訪問者:この超越って、一歩一歩段階踏んでされるもんなん?それか、瞬時に起きるん?

ニサルガダッタ:お前さんは「体が生まれときに、子供は生まれんねん」て言うとんねん。その体できんのに9ヶ月かからんかったか?その9ヶ月勘定に入れるんやったら、ステップバイステップや。せやなかったら、誕生それ自体がビックラポンや。

訪問者:ええやろ。妊娠期間があんねんな。それって事実を正確に類推したもんなん?

ニサルガダッタ:9ヶ月のやつさえ不正確な類推あんで。その妊娠期間以前に、お前さんはおんねん。ぜーんぶマーヤや。誰も生まれてへんし、誰も死なへん。それ歪みや。

訪問者:それほんまや。せやけどワイらん中には、他の人らより歪んどる者もおる。問題は、いかにして歪みを少なくするかっちゅーことや。

ニサルガダッタ:また元のポジション戻り。せなあかんことなんか何もあらへん。自分の”在る”ん中いとけば、起きる定めのもんは起きんねん。真理に到達することを深く切望せなあかん。理解を激しく要求せなあかんねん。グルはそんな人に訪れて、殻破ってくれんねん。

訪問者:せやな。せやけど他に、「無欲でおらなあかん」いう指示あんで。切望も欲や。

ニサルガダッタ:そんときには必要なもんや。無欲になるっちゅーんは最後の欲やさかい、ないとあかんねん。

訪問者:この切望はどうやって自分自身現したんや?

ニサルガダッタ:お前さんは「お前さん目え覚めとるで」て教えられなあかんのか?

訪問者:たまにあるわ。

ニサルガダッタ:お前さんそれわかっとるやん。

訪問者:えーっと、たまにサーダカは頭どつかれなあかんねん。

ニサルガダッタ:せやな。お前さんの”在る”は、お前さんに所有権あんねん。それは人生ん中でいっちゃん重要な資産であり、せなあかんこと何でもしてくれんねん。お前さんが生まれる前の、お前さんの境地は、体が死んだ後もお前さんのもんで、それがお前さんの永久資産や。お前さんの"我在り”は、お前さんの究極資産に費やされんねん。

別の訪問者:質問ー。ワイの両親とグルがただの観念やっちゅーことわかったら悲しくなんねんけど、何でなん?めっちゃ愛しとるから、その人らを観念いうて見なしたら苦しみ起きんねん。

ニサルガダッタ:「自分は生まれた」いう観念以外、どんな他の観念もあらへん。すべての親とグルの根底には、原初の幻あるんや。

訪問者:嫌っとるもんは簡単にいくねんけど、好いとるもんはそうはいかん。それが苦しみもたらすねん。

ニサルガダッタ:せなあかんもんがされとらんくて、したあかんもんがされとんねん。せやから、こういう苦しみあるんや。体に愛縛っとったらあかんで。体との自己同一化の感覚克服せえ。グルへの愛は、二元性の感覚あらへん愛や。

訪問者:自己悟った人はこんな少なく、悟りたい願っとるサーダカはこんな多い。なんで成功掴んだ人こんな少ないんや?

ニサルガダッタ:すべては自然や。この現象には何の原因もあらへん。せやから、「なんでほとんどシッダにならんのか?」いう質問に、原因として指摘できるもんは何もあらへん。この質問は回答不可能や。
身心に条件付けされとらん愛であろうとしてみ。お前さんがその愛やったら、それはトータルで完全な愛や。せやけどそれがお前さんの身心から生じとるもんやったら、それがおまえさんの不幸の根元や。
肉体愛から解放されて初めて、無執着は起こんねん。身心の境地から解放されて、愛の境地ん中におり。そしたら、それがあらゆる至福の源泉になんねん。

訪問者:ときどき霊的感応が、静寂ん中におるサット・グルとの至高の感応がある気がすんねん。

ニサルガダッタ:それはええセンスや。せやけど、私的なもんや。

訪問者:敬愛するもんに没入するまでは、あるいは個人的なもんかもしれん。せやけどそうなったら、非個人的になるやろ。

ニサルガダッタ:今朝、ワイらが礼拝しとったの見とったか?

訪問者:おう、見とったで。

ニサルガダッタ:暗い闇もないしー日の光もないしー深い眠りもないしー目覚めもないしー飢えもないしー渇きもないー。これがその境地や。せやけど、これはワイの表現や。お前さんは、「自分はそん中にいてる」いうて感じとるけど、ワイは、「ワイはそん中におらん」て感じとる。ワイは礼拝してバジャンすんねんけど、そん中にはおらんねん。ワイの真の境地はそれ超えとるんや。

訪問者:「自己が自己を礼拝しとる」て感じたわ。

ニサルガダッタ:なんて呼ぼうが構わんけど、やっぱり観念や。お前さんがどんな観念発しても、それがお前さんの未来形作んねん。せやから、どんな観念も持たんとき。お前さんはもう既に究極なるもんや。何かであろうとしなや。

訪問者:この相対的存在の現実面にはどう対処したらええんや?詳しく言うと、ワイらが生きとる労働、達成、ゴール志向の社会と、ワイらの家族のことや。こういうもんにはどうしたらええんや?

ニサルガダッタ:この世の現れは、五大元素意識から出てきたもんや。その意識には、この現象世界の面倒見なあかん責任あんねん。世界はお前さんの意識の現れや。せやけど、お前さんは意識やあらへん。この原理理解して、自分の好き人生送り。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1979年9月11日「一切... | トップ | 1979年9月16日「『我... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。