悟りへの道標(悟った人の言葉を紹介していきます)

現在は主にニサルガダッタ・マハラジ(1897~1981)の言葉がメインです。みんなで悟りましょうヽ(=´▽`=)ノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1979年9月9日「世界は『在る』ん中にあんねんで」

2016-09-15 18:12:24 | ニサルガダッタ・マハラジ
1979年9月9日

ニサルガダッタ:自分の体と”在る”に気づいた後、自分の環境から印象集めて、お前さんは周囲の世界見んねん。世界のパノラマとそん中の自分自身についてよう考えとったら、オリジナルの結論に達しとったはずや。お前さんの行動みんな、体との自己同一化に依存しとる。体との自己同一化は、”我在り”いう知識に依存しとる。そんで”我在り”いう知識は、お前さんの体を養っとる食物エキスに依存しとんねん。
これは、お前さんがこの世で動き回るための資本や。お前さんが今経験しとるこの”在る”いう意識は、お前さんが食べる食べもんのエキスに依存しとる。もうこれ以上食べもん吸収できんくなったら、氣がだんだん弱なって、ある日、”ワイがおる”いう意識と共に消えんねん。このこと熱心によう考えたら、この謎解けんで。
体や食べもん経験する以前には、自分とか世界の経験は100%あらへん。この現象には始まりがないねん。最初に生まれたんは空や…空から風が生まれて…風から光と熱が生まれて…熱から水が生まれて…そんで水から全生命が芽吹く土が生まれて、在るもんすべてになっとんねん。この五大元素みんなが、この偉大な現象の原因やねん。
意識いうもんは、五大元素ぜんぶが一緒に入っとる食物エキスの性質のことや。

訪問者:せやったら、ちゃう食製品はちゃう意識の性質作り出すんか?

ニサルガダッタ:五大元素はそれぞれちゃうもんや。それぞれの形態でグナがちゃうねん。意識が体に制限されとったら、ちゃうように見えるけど、意識がそれ自身知ったら、すべてを包容する宇宙意識に溶け去んねん。

訪問者:幻ってどないして生まれるん?

ニサルガダッタ:物の影はどないして生まれるんや?物質を構成しとるすべての物質から生まれとんねん。このマーヤは、”在る”ことへの愛にすぎん。

訪問者:ワイらはその罠から出られへんねん。

ニサルガダッタ:装飾とか付属品つけとらん最初の「お前さんであるもん」をがっちり守り。お前さんが嵌っとんのは架空トラップやねんで。

訪問者:これ経験すんには何したらええんや?

ニサルガダッタ:何もしなや。ただ自分の”我在り”ん中いて、それに自分の体の形つけんかったらええねん。

訪問者:なんで”我在り”にしがみつく必要あるん?

ニサルガダッタ:お前さんは自分の”在る”いう意識知らなあかんねん。そうすることでお前さんは、ブラフマを掌中に収めたヤツみたいになんねん。漁師が網に魚を捕らえるんど同じで、お前さんも自分の”在る”知ったらそうなんねん。

訪問者:訪問者:心ーエゴがいっつも、自分自身知んの難くしとんねん。

ニサルガダッタ:心は、お前さんの意識がないと存在せえへんもんや。それはただの言葉の問題や。氣が心を生じさせとんねん。

訪問者:ワイらはもう"我在り”超えとるっちゅーこと知っとったら、なんでしがみつく必要あるん?

ニサルガダッタ:”我在り”が単なるいっこの観念やっちゅーことに、いつ気づいたんや?

訪問者:「あらゆるもんみんな観念で、観念と生きる必要なんかあらへん」て気づいたんや。

ニサルガダッタ:あれこれと一緒におるいう問題なんかあらへん。ただ在り。

訪問者:ワイらは今まで通り生きなあかんて聞いとる。ここにおる間、この部屋におる間は、めちゃめちゃ簡単に自分やあらへんもん捨てれんねんけど、ほんまは実在せえへん世界ん中、どないして外で生きたらええんや?

ニサルガダッタ:お前さんは、「ワイは何もしとらん」いう悟りに至るわ。すべては起きとる…そんで、「ワイは出来事をただ見とるもんや」いう気づきに至んねん。ただ在り。悟ったヤツらにとって、世界なんかどこにあんねん?世界は、”在る”ん中にあんねん。

訪問者:ワイは何もする必要あらへんのか?

ニサルガダッタ:これまでお前さんは何してきてん?

訪問者:これまでのワイらの関係は、”する必要がある”と”在る”いうもんや。最初に”在る”で、次に”する必要がある”にせなあかんのか?

ニサルガダッタ:それはそれ自体で面倒見るやろ。ワイはただお前さんに実情を示しとるだけや…その後でやるんは、お前さんの務めや。一つは、あらゆる供給ぜんぶ、自分の自己を通っとるちゅーこと理解するやろ。もう一つは、お前さんはすべて失ってまうねん。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1979年9月8日「『我在... | トップ | 1979年9月10日「お前... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニサルガダッタ・マハラジ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。