ナツコのプチエレガント日誌 Savoy Truffu~Happyの法則 Pray 4 Japan

First Chair代表インテリアデザイナー横田奈津子がお届けする、日常の中の小さなエレガントを探す旅日誌。

2016春、WEDGWOOD社とコラボします。

2016-02-13 12:09:03 | First Chairについて






皆さんこんにちは!寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?
今日はファーストチェアからイベントのお知らせです。昨年冬の展示でお世話になった玉川高島屋メゾンエターブルにて、WEDGWOOD社とコラボレーションが決まりました。2月17日より3週間の展開を予定しています。

さて、ウェッジウッドといえば、英国で250年の歴史を誇る磁器食器のブランド。中でも日本人にとって馴染み深いのがワイルドストロベリーですよね。私も小さい頃から長年親しみを持ってその存在を感じていました。今改めて見直してもとても可愛らしく、むしろ今の時代に新鮮に映ります。今回のコラボは、そのウェッジウッド社のファブリックにスポットを当てて企画されたイベントです。ファーストチェアオリジナルの鉄製スツールにウェッジの布地を張って新たな製品を展示販売するという企画です。

今回私がセレクトした布地はインタグリオというシリーズの中からゴールド色を。すっきりした現代風の幾何学模様で、食器のインタグリオはカジュアル感が人気のシリーズです。そしてもう一つがトンキンというシリーズです。こちらはモケットタイプで有機的な植物柄で発色の良いグリーン系の布地です。いつもとちょっと違うスツールをお楽しみに!私もとても楽しみにしていますので、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

イベント詳細はコチラからどうぞ。



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

イベントのお知らせand近況

2015-11-20 15:36:25 | ひとりごと…。
外苑の銀杏並木も黄金色に染まり、あっという間にクリスマスの足音が聞こえてきました。皆さまいかがお過ごしですか?
ご無沙汰していますナツコです。まずはファーストチェア展示のお知らせから。この冬、玉川高島屋にデビューです☆玉川高島屋さんは前々から気になっていたのですが、不思議です。気になっていると、向こうからやってきます。なぜでしょうねーファーストチェアを始めてからずっとこんな調子です。それからもう一つとっても不思議なんですけど、イベントのお知らせまだどこにもアップしていないのに、なぜかお客様からのお問い合わせが重なります。そういうタイミングのいいお客様とはご縁を感じずに入られませんね!匂いを嗅ぎつけていらっしゃったセンスのいい皆さま方 美味しいところをゲットしちゃってください!詳しくはコチラからどうぞ。
 さてさて近況ですが、ここ半年ほど、古典にはまっています。春に奈良大和路を旅したことがきっかけで、今まで気にはなっていても 中々読むチャンスのなかった古典を片っ端から読みふけっているという寸法です。今月は、書道で空海が最澄に宛てた手紙を臨書しているので 勝手に”ナツコの空海month~~”と題し、若き日の著書”三教指帰”を読んでます。遠い遠いいにしえを脳内旅行。どれもこれも、SNSさんとさようならし シフトダウンに成功して2速歩行が身についた恩恵ですね。年をとる醍醐味を一足先に味わっているというワケです。とはいえ、まだまだ子供たちも学生ですし隠居のご身分まではまだもう一足。憧れはいいともを卒業したタモリさんですかね。今までは都内のみだったブラタモリで 全国いけるようになりましたもの。でもタモリさんは70歳だそう。そう考えたらまだまだでした。でも今から、その日に備えてせいぜい脳内旅行で下準備しておきましょ
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2015春のイベントのお知らせ&書道のこと

2015-02-15 13:33:28 | First Chairについて





 雪解けの水もようやく温み、春の足音が聞こえる季節となりました。こんにちはナツコです。まずは春のイベントお知らせから。あさって2月17日から3月3日の2週間、銀座三越にて展示イベントを開催します。ファーストチェア大人向け鉄製スツールを中心のお披露目です。(詳しくはコチラをどうぞ)よかったら遊びに来てくださいね!お待ちしています。

 何かのご縁でしょうか。銀座のアートスクールに通い始めて半年が経ちました。日本橋、銀座は若い頃にはわざわざ行くこともありませんでしたが、ファーストチェアをはじめて、お馴染みの場所となりました。自分が望んだというわけではありませんが、三越のイベントに毎年呼んでもらっているうちにです。アートスクールの書道教室は突然ビビビときて通い始めたのですが、やはり必然を感じます。半年経った今でも、毎回、銀座のお教室のドアをくぐるとそこは別世界。その空間で書と触れ合うひとときは、かけがえのない時間となりました。お手本となるのは何百年も前の中国や日本のものです。まっすぐな心で芸術に向かえば、そこに歴史があります。おもしろいもので、100年とか200年前のことをつい最近と感じるようになりました(笑)縦のつながりを意識して生きることは、感謝をして生きることでもあります。なぜなら、先人たちの努力や苦しみや痛みの上に今があるからです。毎日のルーティンをこなし、子供達の成長を見守り、ファーストチェアのモノづくりにも励みつつ、そんな心持ちでいるためにも、月に3度ではありますが、これからも書と触れ合う時間を大切にしていきたいですね。








Comment
この記事をはてなブックマークに追加

展示のお知らせと近況

2014-09-19 15:08:31 | ナツコ’S スピリッツ~大切なこと


暑かった夏はあっという間に通り過ぎ、いい季節がやってきました。秋と言えばファーストチェアにとって新作発表会の季節です。今年も日本橋三越本店スペース#5にて展示しますので、皆さん遊びにきて下さいね!詳しいことはこちらをご覧下さいませ。
さてさて、久々の更新ですのでこの辺で近況など。ここ数年心がけてきたシフトダウンはすっかり落ち着きました。今では2足歩行も板に着き、このスローな生活を心から楽しんでいます。具体的に言えば、インターネットは必要最小限にして(おかげでブログの更新も滞っているというワケです笑)本や新聞をちゃんと読む生活。100年前の新聞小説”夏目漱石のこころ”がちょっと楽しみだったりします。読書を通して幕末の日本にトリップするのにハマっていたり。。それから、中島京子さんの小さいおうちを読んで以来、ぞうきん掛けがマイブームになっていたりもします(笑)ごはん写真をブログに出さなくなって久しいですが、毎日のお料理は相変わらず、せっせと作ってます!家族で食べる毎日の晩ごはんはシアワセの時間。季節の素材を生かしてシンプルに調理することが多いですね。そうそうそれから、6月から銀座のアートスクールに通い始めました。今、書道を習っています。仕事もあるので月に3回程、あえて時間を作って通っています。書道は40年くらい前(古!!)にやっていましたが、子供の頃のお習字とは趣が違って、今習っているのは”アート”としての書です。書に向かう時間は、まさに魂の洗濯の時間。普段の生活でここまで集中することはまずないので、ものすごく精神にいいです。こう考えてみると、私の生活は、大切な家族と過ごすために必要な時間。新作のアイデアを考えたり、ものを作るための仕事(ファーストチェア)の時間。そして、歴史に浸ったり、芸術に向かったりする魂を磨く時間。これらの時間の使い分けなんですね。これが無意識に出来るようになった。というワケなのです。悩み多き20代。無我夢中の30代。そして本当の幸せのための修正と準備をした40代。そして50にして惑わず。遅かったですが、、ようやく実りの時期を迎えました。いらないものを捨て、整理したスペースで、本当に大切なものに真正面から向き合うことの気持ちよさといったらないですよ。ひとつひとつ心を込めて。。ってことで、今日はこの辺で展示の準備に取りかかろうという次第です。それではみなさんごきげんよう







Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2014春の展示のお知らせ~銀座三越

2014-02-10 10:38:57 | First Chairについて

こんにちは ナツコです。今日はご報告です。
明後日、2月12日(水)より銀座三越にて
First Chairの展示をします。


今回の展示では、今シーズン新作のスツールを中心に
また、アートコレクションとして新規に鉄製フレームを製作しました。
北村飛呂子原画入にてご覧いただけます。
春をテーマに描き下ろされた、手のひらサイズの作品たち。
ファーストチェアの表現する鉄の世界と
優しい筆使いから生み出される、墨の味わいとの
コラボレーションをご堪能ください。詳細はコチラ

たくさんの皆様方のご来店をお待ちしております。


*************************************************************************
記 
ハ カ ナ キ モ ノ ~ 幸せな春みつけた ~
会期:2月12日(水)-2月23日(日)
    営業時間/午前10時30分~午後8時
会場: 銀座三越 8階シンプリーハート 
    〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
   TEL 03(3562)1111(大代表)

*************************************************************************



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

母の画集を作りました。

2014-01-16 14:57:48 | 芸術☆ART


 寒い日が続いています。来週には二十四節気の大寒に入り、候でいう“蕗の華さく”(フキノハナサク)季節となります。日本にはたくさんの美しい季節の言葉がありますね。東京で暮らしているとフキノトウを見かける事はありませんし、そんな小さな季節の移り変わりを見逃してしまいます。でも、時には毎日の忙しさからふと心を落ち着かせて、日本の美しい季節を味わうこともいいものですね。
アップしたフキノトウの絵。これは私の母の描いたもので、墨絵に近い技法の芙峰画(フホウガ)と言います。昭和10年生まれの母は来年で80歳。節目にこれまで描き溜めてきた絵を、一冊の画集にまとめることになりました。と言っても母の絵は季節ごと、花が咲くたび、実がなるたびに増えて行きますし、気前のいい母です。描いた側から人にあげてしまうしで、まとめるのと言っても、なかなか根気のいる作業ではありましたが。。とにかく、一旦整理して見ようということを決断しました。まあ、どちらにしても私の勝手な思いです。父が他界してはや7年。元々文化度の高い母は、常に子や孫たちと一緒に、京都や鎌倉への旅や、長野の別荘周辺の美しい野山を散策したり、昨年はパリにも出かけるなどかなりアクティブに行動しています。でも、私の中の母への感謝と敬意の念は、なんというかそれだけでは表しきれていないのです。長年専業主婦をしてきた母の作品をまとめて世に送り出す作業は、単純な思いというより切望、いや使命ですかね。これこそ母から受け継いだクリエイティブ魂の成せる業と言っていいでしょう。笑)作業をしながら改めて観る母の絵は美しく見事で、才能に満ちあふれていました。ということで生まれた母、北村飛呂子の芙峰画集です。webサイトはコチラ。どうぞご覧下さい。


北村飛呂子 芙峰画作品集 
Hiroko Kitamura
Art Collections of works
Japanese Painting FUHO Anthology
Tokyo Japan








Comment
この記事をはてなブックマークに追加

今年の抱負です。

2014-01-05 18:46:52 | ナツコ’S スピリッツ~大切なこと


2014年があけましたね。皆さんはどんな年末年始を過ごされましたか?私はというと、一年の締めくくりに大掃除とおせち料理作り。お正月のお飾りを飾って、大晦日は家族揃って紅白にお蕎麦。子供の頃からの恒例行事ですね。今回はマイペースで心置きなくやれたので楽しかったおかげさまでなかなかのいいお正月を過ごすことが出来ました。
新年といえば今年の抱負や目標を掲げる時期ですが、皆さんはもう何か決めましたか?私は昨年、3足走行から2足走行へのシフトダウンをするという目標を掲げました。無我夢中で過ごした30代40代のペースでは今後の人生は乗り切れないと、50代を目前にして気がついたからです。惰性で進むことのない「2足走行」は最初の頃は焦りがありましたが、最近はその焦りも随分落ち着いてきた気がします。新年の新たな気持ちで掲げた抱負は心のどこかにいつもあって、少しづつでも進歩しているんですね。そこで今年の抱負。その落ち着いてきた「2足走行」というベースの上で「目の前のことに集中する」これを掲げたいと思います。仕事でも掃除でも料理でも家族団らんでも何でもいいのですが、今、目の前にあることを一期一会で集中してやる。これです。なぜなら「目の前のことに集中する」ということは、今後、50代、60代、70代と続いて行く私の人生に最も大切なことだとわかっているからです。わかっているけれど、まだ出来ていない。だから、そのためのレッスンを今からしようというワケです。急に悟りを開くようにはいかないので、最初は一日いっこから。今日一番重要なことをいっこだけこれだけはやるって決めて、それだけは集中してやってみるつもりです。さあ!今年もスタートです。

写真は2014年のお手製おせち。一年に一度きりハレの日のお料理です。









Comment
この記事をはてなブックマークに追加

cero / Yellow Magus【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

2013-12-25 07:18:00 | First Chairについて




cero / Yellow Magus【OFFICIAL MUSIC VIDEO】



かっこいい音楽!!ツボった。メリークリスマス

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2013秋の展示のお知らせです。

2013-09-24 15:19:08 | First Chairについて


こんにちは。ナツコです。
朝晩過ごしやすい季節となりました。
今年の夏は暑かったので、
ここのところの涼しさは本当に有り難い限りです。

いよいよ明日9月25日(火)から今年もまた
“日本橋三越本館5Fスペース#5”にて展開します。
三越さんの方からはお声をかけて頂き
ありがたい限りですが
3シーズン連続の出店ですので
これまた別の意味で緊張感ありますね。はは

今年は大人のための新作を作りました。
森のお姫様をイメージした
スツールやミニチェストなどなど。
よかったら遊びにいらして下さいね。
(※上の画像は今回の森のイメージです。)
詳細はコチラからどうぞ。

皆様のお越しをお待ちしております。




Comment
この記事をはてなブックマークに追加

近況。

2013-05-15 23:08:58 | ひとりごと…。


この春、下の娘が中学へ、上の娘が高校へそれぞれ進級しました。二人の娘たちはたくましく、心配された5月ビョウにもかからず、それぞれ自分の居場所を見つけ、新しい環境に適応しています。GWが無事に過ぎ、母(ワタシ)もやっと平穏な日々を取り戻せると肩をなで下ろしている今日この頃であります。
いい季節ですね。昼間は少し暑いけれど、朝夕は空気がクリアで清々しいです。音楽を聴くのに最高な季節。最近のお気に入りで、一昨日アップした“Blame It on my youth”。いろんな人にカバーされている名作で、女性が歌っているのもすごくいいのですが、ここでは甘く切ないLeo Juarezバージョンを紹介しました。タイトルの“Blame It on my youth” は“若気の至り”みたいな意味だそうですけど、女性と男性で同じ曲を歌っても微妙に意味が違ってくるんですよね。うふふ。なんだかステキです。
ところで最近、わたしは心がけている事があります。それは「よしとしよう」という感覚です。仕事があるのに雑用ばかりで進まなかったり、のんびりしたいのについつい回りと比べて焦りを感じてしまうことありませんか?自分は自分のペースですすめばいいのですよね。自己肯定感っていうのですか?家事も犬の散歩もベランダの掃除もメダカの餌やりもetc…全部大切な私の仕事であるのです。ひとつひとつを丁寧に楽しめばいいのです。糸井重里さんが言っていました。「自己肯定感って『わがまま』のことじゃないよ。昼寝している犬の寝顔みたいなものだと思うんだ。」って。わたしが心がけている「よしとしよう」っていうのはまさにこんな感じなんです。新しい環境に見事に適応した二人の娘たちも、きっとこの感覚を持ち合わせているに違いありません。頑張らなくてもフツーにそういう事が出来るって、本当はスゴいことですよね。自分の娘ながら尊敬。。わたしも見習おう。そしてまた明日も空を見て好きな音楽を聴いて犬の散歩に出かけよう。ベランダの掃除をしよう。

画像はinstagramにアップした中から“お気に入りたち♡”
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Blame It on my youth - Leo Juarez

2013-05-13 22:27:32 | 音楽
Blame It on my youth - Leo Juarez


いい夜に乾杯…



Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Uyama Hiroto - Oneday(Prayer For Love And Peace)

2013-02-27 11:39:10 | 音楽
Uyama Hiroto - Oneday(Prayer For Love And Peace)


好きな音




Comment
この記事をはてなブックマークに追加

星の生まれる積み木のように

2013-01-24 18:40:47 | First Chairについて

寒い日が続いていますね。ナツコです。私は昨日から風邪をひいてしまいました。食欲もなかったので、今朝は、レモン輪切りの砂糖がけを作ってみました。甘くて酸っぱくて、疲れた心と身体に染み渡っていくようです。今日一日は自分に甘く、優しく。でもちょっと酸っぱく、、早めに風邪治します。ハイ。

 年明け早々、美術画廊で展示がありました。(詳細はコチラ★)初の美術展出展です。商品としてでなく「作品」として、新たな目線でファーストチェアを見るという初の試み。これは、自分の意志というより、高島屋美術部 加藤宏美さんのお声掛けにより実現しました。ファーストチェアは酸いも甘いも自分自身の全てを表現したものです。もの作りから始まり、ブランディングその全てを自分一人でやっています。それを自分以外の誰かによって新たな枠組みを与えられたことに、いま甚く感動しているというワケです。知らなかった自分を発見させられたことは、人生の後半戦をどう生きようか彷徨っている私にとって、とても意義深いものでした。
 加藤さんの提案により実現した前田昌良氏の作品とのコラボ展示は、ただの偶然と片付けてしまうにはあまりに素敵すぎる出会いでした。消費社会の中で生きていると、自分のペースを保つことはとても難しく感じられます。世の中には選択肢が多すぎて、分かっているはずなのに、どの道を選んだらいいのかつい迷ってしまう。そんな中、出会った氏の作品は、一生をかけて自分自身をじっくり見つめていいんだよと、静かに語りかけてくれました。そして小さなことで傷付いたり、巧く表現出来なくてうじうじしてる“小さな少年”のような自分をそのまま受け止めてくれました。この展示が終わる頃、きっと次のステップに一段登っていると思います。あと何段登ったら、遠くまで見渡せる見晴らし台までたどり着けるかは分かりませんが、「確実に近づいているな」と今、確かに思えるのです。ありがとう。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

念願の「モノ作り」

2012-09-20 00:46:18 | First Chairについて


今年、わたしは、職人さんアーティストさんデザイナーさん他、沢山の方々の協力のもと、念願の「モノ作り」に励んでいました。ファーストチェアの「大人向けの新作」を数点。そして、「紙」を作りました。ミニ絵本と、四角いカードを2枚。それから商品情報の小さいカードに、お知らせのお手紙。それらをしまう封筒。。(webサイトはコチラ)上の画像はその中の一枚です。もちろん、もっとこうしたい、ああしたい。100%満足なんて、ぜんぜん出来ないけれど。とにかく、「モノ作り」は楽しい。うれしい。大好き。その事を、再確認した次第です。いや、もしかしたら、これは初めての体験だったかもしれません。40ウン年の長い人生で、初体験が出来るシアワセを、噛み締めているって寸法です。

震災後、今までと違うものの見方、今までと違う行動、今までとは違う生き方を、わたしはずっと探してきました。何も手に付かず、何も考えられなくなったときもありましたが…。今年は、自分の心が本当に「いい」って言った事だけをやると心に決めて、行動してきました。ただ、流れに流されるまま進んだり、何かおかしいなと思いつつ、ほったらかしにするのはやめようと。

そういう考えの中、わたしの中に生き残ったのが、愛する家族を全力で愛し支えること。そして、「モノを作る」ことでした。今は、この二つを精一杯やる事。悔いの残らないように。一瞬一瞬、一期一会で。周りの人たちは、何をやっているのか分からなかったと思います。私のしていることは、自分で決めた道ですから。他人にどう思われるかは、ひとまず置いておくことにしたのです。自分でも、揺らぐこともありました。途中で、何やってるんだろう?って分からなくなる事もありました。それでも、一歩一歩、自分の決めた道を、自分のペースで歩みました。

そんな感じで出来上がった新作と色んな紙です。もうすぐ皆様にお披露目する機会も出来ました。こうして、積み重ねてきた事の結果が出るというのは、本当に何にも代え難い歓びです。そしてこのことで、これから先「どう生きるか」のヒントを得た気がします。一つの事に真摯に向き合う事。丁寧に大切に。あっちもこっちもは私には出来そうもありません。そうやって、残ったものだけを積み重ねて行く事。それが、私の歓びであり、生きる道なのです。この度のわたしの「モノ作り」に関わっていただいた沢山の皆様方に心より御礼を申し上げます。

次は何を作ろうか、残りの人生をどんな風に進めるのか、なんだかワクワクしてきました









Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Nobukazu Takemura - Sign

2012-07-29 12:50:15 | 芸術☆ART
Nobukazu Takemura -2001年- Sign



竹村延和氏のアルバム「Sign」。曲の為に作られたアニメーションは
アイボのデザインも手がけ世界的に活躍している若野桂氏によるもの。
当時シカゴ近代美術館(MCA)の アート・フェスティバルで
エントリー上映され話題となったそうです。
若野さんの作品が大好きだったのですが(ファンです)
2001年にこんな衝撃的な作品を発表していたのですね。
10年後の2011年の出来事を予想だにせず…
ラストの少し前の画を観た時、ピカソのゲルニカが頭をよぎりました。
やっぱすごい才能です!
最後がハッピーエンドで、ちょっと泣きました。







Comment
この記事をはてなブックマークに追加

First Chair Ferronnier

町工場の職人さんが作る鉄製のベビーチェアのショップです。