ビワゴンのMild-Water Mild-life About-door

Bea Breeze!琵琶湖から涼風が吹きぬける!「Bea」は「うみ」そう、琵琶湖のこと。ビワゴン的雑話にようこそ!

綿向山へ!ナチャ活版

2017年02月13日 | 日記

11*12日と連チャンで綿向山へと。12日はナチャ活版。

明け方から降りだした雪の中、チェーンを脱いだ940で慎重に日野へと。

8時過ぎに 駐車場からスノーシューを履いて出発です。登山口でウェアリングの調整、既に汗だく。

11*より12*の方が天気が良いと思っていたが 蓋を開けると。
ずっと曇りで小雪も断続的に降って 視界は11*より悪い。

 

5合目直前では 針のように尖った霧氷が!

昨日までの霧氷+雪衣に霧氷が結着しているのかな?


 




7合目からのブナ林冬道の霧氷!


同行のFさんは 僕より山のベテランさんですが 綿向山初登頂!

山頂のビワゴン!


ブナの変木・幸福のブナを潜るFさん!


画像はハレーションを起こして見にくいですが
7合目からのブナ林の冬道は急登で 積雪もあって山頂部直下はかなり屈まないと行けない。

今回は初めてスノーシューのヒールリフターを上げてみた。ホントに負担が軽減される。有るものは使わなくちゃ!

山頂部の竜王・イハイガ分岐点でそっちを見ると僕が昨日残した足跡しかないと思っていたが 一人そっちへ向かったとの情報を得て昼食後トレースを辿らせてもらった。


 


エビの尻尾と言うか モンスター気味の霧氷?



霧氷と!


テルモスの水筒、保温力が優れている!次女が幼稚園から使っていたのを今僕が使っている。15年+なしろもの。

視界が悪かったが それはそれでモンスターぽくなった霧氷を演出してくれて雰囲気アップ。前日行けなかったやせ尾根や幸福のブナにも行けて幸運であった。

下りはもちろん トレースのない新雪パウダーをスノーシュール!7合目では隣の尾根のピークへ向かうが最後の登りで股まで潜ってのラッセルになったので直ぐに心が折れて引き返し。

雪山感いっぱいの綿向山を満喫しました。

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 綿向山!ドタサン版 | トップ | 2.14 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL