ネイチャーサロン by こうちフィールドミュージアム協会

 自然をより深く知ることの楽しさを,お茶会のような雰囲気で語り合いましょう.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

死んだフリの効用

2017-05-12 08:39:10 | 日記
 今夜はダメよアナタ.私,死んでるの.

というタイトル.な,何なのだ? と,思わずクリックしてしまった.それは「ニューサイエンティスト」誌の記事:


 トンボのメスはオスの追跡を逃れるために,突如として死んだフリをする

 メスのトンボは望まないオスの求愛者を退けるために,ある極端な策略を用いる.彼女らは空から落ちて死んだフリをするのだ.

 スイス,チューリヒ大学のラッシム・ケーリファ氏はルリボシヤンマ (Aeshna juncea) のこの行動を初めて観察した.スイスアルプスでヤゴを採集していた彼は,オスに追尾されていた1匹のメスが地上に墜落するのを見た.そのメスはじっと仰向けに横たわった.まもなく追尾者は飛び去り,付近が静まるとそのメスも離陸した.


 トンボで見られたのは初めてだけど,死んだフリをする行動はクモとか robber fly とか,カマキリとかで知られているそうです(クモやカマキリはメスのほうが大きいので,死んだフリするのはオスでしょう).
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再訪 「赤の女王」説 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。