四ッ谷 走Run会!!(はしらんかい!!)

NPO法人ネイチャーズのランニング教室から発展してできた、基礎から始めてウォーキング、ランニングを楽しむ会です。

旧東海道ランニング「東海道走膝痛シ」・・・草津宿~京都三条大橋、その3(完走)

2017年01月07日 | 東海道走膝痛シ(旧東海道ランニング)
11/26(土)旧東海道を遂に完走しました(京都、三条大橋にて) 本日の走破距離は31km ルネサンス様式の建物、滋賀県庁を左手にみて、旧東海道を走った。 琵琶湖の傍の現在の東海道と旧東海道に挟まれた場所に建っていた。 何処でもそうだが、役所の周りは殺風景である。 昔の大津宿の中心地あたり その辺りで受験勉強で出てきたと記憶する、あの大津事件があった。 -----以下、ウィキペデ . . . 本文を読む
コメント

ゼロから始めるスロージョギング練習会(1月・・・第1回旅ラン企画)

2016年12月24日 | 教室案内
ゼロから始めるランニング、スロージョギング、ウォーキング練習会(1月) 今回は、第1回旅ラン企画として、 スロージョギングで都電荒川線沿い(高田馬場~三ノ輪橋)を名所の寄り道をしながら、休憩を入れながらゆっくり走ります。 概算距離16km 1.神田川沿いでストレッチし、高戸橋から荒川線沿いに走ります。   ペースは、参加者の様子を見ている会長のペースでジョグしてください。   鍛えたい . . . 本文を読む
コメント

旧東海道ランニング「東海道走膝痛シ」・・・草津宿~京都三条大橋、その2(芭蕉)

2016年12月19日 | 東海道走膝痛シ(旧東海道ランニング)
京阪石山坂本線、唐橋前駅の踏切を渡る。 京都に近づくにつれて駅はホームの幅がたいへん狭い駅が大変多い気がした。 そのことと、家と家の間の隙間が狭いこととは無縁ではないだろう。 成熟しきった近江の都、京の都では、家屋が密集しているから、狭い場所に鉄道を敷かざるをえないと思われる。 特に京都の路面電車ではホームが幅60㎝という、まるで平均台のようなホームの駅(京福電鉄嵐山線の山ノ内駅)があるらし . . . 本文を読む
コメント

旧東海道ランニング「東海道走膝痛シ」・・・草津宿~京都三条大橋、その1(瀬戸唐橋)

2016年12月05日 | 東海道走膝痛シ(旧東海道ランニング)
今回は、草津宿まで夜行バスを利用した。 10時過ぎに新宿を出て、途中2回の休憩をはさみ、南草津駅に着いたのが5時。 まだ、東京よりも西に位置するせいか、真っ暗。 しかも、肌寒い。 駅の寒々し~いトイレで着替えて、まずはコンビニへ直行。 暖かい空間に飢えていた。 店員が一人で切り盛りしていた。 客はゼロ。 コンビニ内はなんとなく寒い。 こんなんで大丈夫かな? 24時間営業する意味があるのかぁ . . . 本文を読む
コメント

旧中仙道ランニング「中仙道走膝痛シ」・・・熊谷宿~本庄宿(その4)

2016年11月25日 | 中山道走膝痛シ(旧中山道ランニング)
静かな中仙道脇にたつ、百庚申(誰もいないのだ) 正明寺参道口 写真、真ん中の石碑は二十二夜塔だ。 これは、人間が月に深い愛着を抱いてきたということに関係した信仰、月待ち信仰による供養塔である。 二十二夜塔は、新月から二十二日の夜に人々が集まり、飲食を共にし、経などを唱えて、月の出を待ち、拝み、安産祈願、悪霊を追い払うという月待ちの行事を行った女人講中で、その供養のために造立した塔なのだ . . . 本文を読む
コメント