lemonの日記

音楽、トールペイント、パンやお菓子、日々の思い

初夏のかやぶきコンサート2017へ (追記あり)

2017年06月17日 | 音楽

今年も初夏のかやぶきコンサートに行ってきました。

 

駅から歩いていくと、いつものなつかしい胡麻の景色ですが、

 

この3月末に82歳で急性白血病で急逝されたザイラーさんでした。

去年の秋の音楽会での笑顔が、まだ記憶にも新しく、

今回の音楽会の練習もされていたそうです。

亡くなられてから、私は初めて、

胡麻という地に来られ「晴耕雨奏」の日々を綴った御著書を読みました。

まだまだ知らなかった事がたくさんあり、今まで読んでいなかった後悔と共に、

この人が亡くなられたことが、多くの方にとって、どんなに残念なことかと

あらためて心痛みました。

どうか安らかに眠られますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

今回は、このコンサートを継続させてほしいと願うザイラーさんの志を受け継いで、

和子夫人と、代理をつとめに来日された

ヴァディム・サラブヤーニによるデュオコンサートです。

 

いつも好きな二階の席から。

色とりどりの座布団は、ここでコンサートを始めた時の

チケット代として、お客さん達がおのおの持って見えたものだそう。

廃屋にする予定だったという築200年を越える古い禅寺を、

福井県から胡麻の地までヘリコプターで運び、苦労して再建され、

夫妻が再び命を吹き込んだ音楽堂。

 

 

今回のプログラム。

ヨハン・セバスチャン・バッハ・・・「フーガの技法」より1,2,3,4番

フランツ・シューベルト・・・グランド・ソナタ Op.30 D617

エドヴァルド・グリーグ ・・・ワルツ カプリース

ハインリヒ・ホフマン・・・イタリアの愛のお話 Op.19

 

生前のザイラーさんの手描きである自家製おにぎりやお酒のイラスト、

そして、「休憩時間」の意味なのだけど、本来はそうだったのだけど、

ザイラーさんの声が聞こえてくるような、

「おやすみ」の文字。

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« めまいが出る | トップ | 6月のピアノ教室 かえるの歌... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。