lemonの日記

音楽、トールペイント、パンやお菓子、日々の思い

母と奈良を歩く ・鹿と新薬師寺

2016年11月11日 | 日記

今日はぽかぽかと小春日和の一日でした

暖かいうちに年末の用事を進められたらいいのですが、

つい外に出るのも今のうちに、などと思ってしまうのですよね

 

さて、もう先週になりましたが、母と奈良に行ってきました。

歩きながら撮った写真を貼っていくだけです、ってそれはいつもですね!

歩いても回れる距離ですが、私、なぜか8月から咳が止まらずすっきりしなくて、

母が買ってくれたバスの一日乗車券。 こんなふうに木のプレートになっていました

さっそく少しだけ乗って、国立博物館の裏から歩きます。

すぐそばまで正倉院展やフードフェスティバルでにぎやかですが、

少し入るだけで、人がほとんどいなくなってちょっと驚きます。

鹿さん、こんにちは。

鹿の頭数は公園全体で1000頭ほどだそう。私が思ったよりは少ない。

ベンチに腰かけ本を読む人や、絵を描いている人も見かけました。

古い大きい木は頼もしいです。

親子のシカさん。お母さんの目が心配そうでしたので違う道を通ることに。

飛火野の大楠。一本に見えますが、実は3本です。うまくバランスが取れていますね。

裏から見るとなんだか切り絵みたいです

それから道を折れ、土塀の続く町並みを歩いて行くと、新薬師寺に着きました。

新薬師寺は天平19年、聖武天皇の病気平癒を祈って光明天皇によって建てられたそうです。

 国宝の本堂には薬師如来に日光月光菩薩、それを守る十二神将が祀られています。

本堂内は暗いので、12神将の陰影あるお顔つきはけっこう迫力がありますね

 

 

別名「萩の寺」とも言われるのだそうで、境内のあちこちに控えめなお花が。

 

母が言うには、前はもっとさびしいお寺だったのが、

なんでもCMに出てから人が来るようになって、ずいぶんきれいになったそうで、

それでもつつましくて、ほっとするお寺でした

それではもう少し歩きますね!

 

ジャンル:
その他
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« シェフェスタ in 奈良へ | トップ | 母と奈良を歩く ・志賀直哉... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新薬師寺 (もりもり)
2016-11-12 19:08:15
lemonさん、こんにちは
咳がまだすっきりしないのですね。どうぞお大事にね

新薬師寺は大好きなお寺です。
そうなの。東大寺や興福寺からは少し場所が離れているので、あまり訪れる人のいないお寺だったの。マイナーというやつね。

特に十二神将はかっこよくていいです
仏像を語ると長くなるのでこのへんにしときます

萩の花がきれいですね。その下はホトトギスかな? 
木簡風の乗り放題チケット、いいアイデアですよね。
京都のバスも何か工夫してくれたらうれしいな
Re:もりっちゃんへ (lemon)
2016-11-13 09:33:21
もりっちゃん、こんにちは

またご心配をかけること書いて申し訳ないです。
今週はみかんも私も病院に行って検査結果待ちだったりですが、
うろうろできるくらいなんだから、何ともないのです

奈良のお出かけ、今度は静かな所です
高畑方面は特に母のおすすめ、なんと若い時のデートコースだったそうです!
(ちょっと聞くの遅かったわ

新薬師寺はいいお寺ね。落ち着いた風情と、そう、12神将の頼もしいこと!
興福寺や広隆寺のは見たことがあるのですが、新薬師寺が最も古いのですね。
仏像のこと、またいろいろ教えてくださいね

木簡型一日パス、すごく便利でした!このくらい大きいと私もなくさないです
京都だとどんな形のがいいだろうね、大阪も

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。