自然とともに家族と活きたい

家族と共に、自然にふれあい、生活していくことに憧れ、人生の方向転換を模索しています。

石窯、焚き口の改良

2017-05-15 07:23:30 | 日記
焚き口の改良を行いました。
まず、焚き口についてなのですが、作っている石窯は二層式で、ピザを投入する穴と、燃料を投入する穴、合計2つあるのですが、燃料を投入する穴が焚き口です。

そして、燃焼室の天井と、焚き口との差は、7cmほどしかありませんでした。

その為、薪を燃やすと、投入口に暖まった空気が吹き出し、薪を投入する時、少し熱くなっていました。燃やしている時は、薪を奥に押し込んで、しのいでいました。

ある時、使い勝手が悪いのと、熱による上昇気流も上手く使えていない事に気づき、焚き口を小さくする事を思いつきました。

特に、高さを抑えるのがポイントです。
7cmはさすがに、低すぎました。

まず、耐火レンガをカットして、焚き口に合う様にします。幾度となく、レンガはサンダーとタガネで、カットしてきたので、慣れてます。
そして、こんな感じのブロックを幾つか作っていきます。



置く場所によって、大きさは適当に切り揃えました。そして、置きました。ただ、このままでは多少ぐらつくので、土器用の粘土を隙間に詰めてぐらつかないようにしていきました。

それが、こちらです。



焚き口の高さも、だいぶ低くすることができ、燃焼室の天井から、11cm延長でき、18cmになりました。

これで、熱風がフロント側に吹き出さないようになれば、快適な石窯パーティが開けます。
何しろ、幼稚園児と小学校の低学年が中心ですから。安全面には、考慮しないといけません。
自分も、ハラハラしながらでは、石窯パーティを開催しても、楽しめません。

煙突の改良工事など、やる事は多いですが、ぼちぼち行っていきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 苗たちの為の変な椅子? | トップ | 最高の誕生日プレゼント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。