自然とともに家族と活きたい

家族と共に、自然にふれあい、生活していくことに憧れ、人生の方向転換を模索しています。

駐車場横の開墾 やっと!

2017-07-11 06:57:29 | 日記
前回の続きで、駐車場横の開墾です。
レンガをそのまま並べて行こうとおもったのですが、土の事が気になり、先にホームセンターで買っていた、腐葉土を先に、混ぜこんでいきました。
有機農業関連の本を、この頃は良く読んでいるのですが、元肥は種まきの1ヶ月ほど前に、土に施しと良く書いてあります。有機物であるこれら堆肥が、土壌微生物と分解を始め、少し土が肥えた状態にすると理解してます。
少しでも早く、種まきしたいので、出勤前に腐葉土の袋を開けて、土の上に積んで終了。次の日には、少し混ぜこんで終了。また次の日には、もう少し混ぜこんで終了。と出勤前の少しの時間を有効に活用して混ぜこんでいきました。

週末に、残りの部分のレンガと、畝を作っていきました。広さ的にそれほど広くないのですが、慣れていない為か、それなりに時間がかかります。
途中、タバコ休憩を2、3回は挟みつつ、3時間ほどかかりました。

こんな感じです。



横から見た所です。
途中にあるマンホールが少し邪魔です。



広さ的には、3m×2mぐらいですが、駐車場のすぐ下は、砂利が敷いてあり、土が浅いので、土の量としては、2m×1mぐらいで計算しました。
因みに、腐葉土の量は80ℓ、約25kgです。本によると、多分倍以上は敷くことは可能なのでしょうが、貧乏性なのでケチりました。少しずつ、土を耕していこうと思います。

余談ですが、
「ケチはナスを育てるな。」という言葉があるそうです。ナスは肥料が沢山いる、という意味だそうですが、自分には当分育てれそうにありません。

畑の完成と同時ぐらいに、たまたま、近所のお向かいさんが耕している自分を見つけて、訪ねてきました。
この方、定年退職後、障害者学習の一環で農業指導を行っています。ついでに、自分も指導して貰いたいです。
また、シソの葉の苗が余っているので、また今度それを貰えるそうです。良い事があります。

子供のサッカーの迎えに行き、家に到着後、息子達に、「綺麗な畑が出来たやろう!」っと自慢して今日は終了です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駐車場よこの開墾2 | トップ | 鳥と蜂の戦い! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事