武の道へのこころざし

大道塾の横須賀・湘南支部の責任者が、日々の活動に関する出来事や想いを綴っていきます。

子供は親のもの?

2017年07月31日 | Weblog


「子供は天からの授かりもの。」


といわれますが、現代の様に医学が発達し、染色体異常などで、出産前に子供の選別が出来るような時代になると、人の心は「授かりもの」というような謙虚な気持ちがどんどん薄れていくような気がします。


世の中がどんどん進歩して、人々がいろいろな事を知り、いろいろな物事を人の力でコントロールできるようになると、どんなことでも自分の力で、人間の力でコントロールできるのではないかという錯覚にとらわれ、その結果、自分の思い通りにいかない現実に人は耐えられないほどに苦しめられることになるのではないか。


世の中の出来事は、自分の努力で変えられるものと変えられないものがあるのだと思いますが、そのあたりの判断を適切に出来るかどうかで、自分の心が感じる幸せの度合いが変わってくるようにも感じます。


必死になって頑張ってい生きていれば生きているほど、どの度合いが強く出てくる気がしますが、だからこそ、その苦しみを乗り越えた時に、自分の人生が深みのあるものになるのかもしれません。


必死に生きて、もがき苦しみ、それを当たり前のように乗り越えていくことで、また新しい世界が開かれてくるのかもしれません。


面白おかしく、楽しく愉快に生きたいと望んでいる方は、既にそれだけの十分な苦労をした方なのか、それともそうした苦労を一方的に避けている方なのか?


今の私は、もっともっと苦労を積んで、もっともっと頑張って懸命に、そして必死な気持ちで頑張り通したいと真面目に感じていますが、そう思う自分はまだまだ苦労の経験が足りないのかもしれません。


「子供は天からの授かりもの。」


その子供の為にも、必死に子供や家族を守り、もっともっと苦労を重ねて努力を重ね、精いっぱい生きていきたい。


まだまだ自分自身の頑張りが足りません。


子供をコントロールするのではなく、生き方を背中で見せて、背中で語って伝えることが出来ることが私の理想です。


しかし、、、


最近娘がわがままで言葉遣いが悪いのは、私のせい?? それとも、アニメか何かの影響か??


なんだかんだ言っても、、少し反省。。。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« オリジナルTシャツの販売に... | トップ | 7月期の各道場の活動状況(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。