バックカントリー

岩手県盛岡から四季通じて自然、食の情報を発信します。

いわて国体山岳競技リード競技二日目

2016-10-08 20:17:27 | アウトドアスポーツ

今日は朝から断続的に雨ふりになりこれが山岳競技の洗礼のようです。
午前は、青年女子リード予選はブロック事になり比較的スムーズに行きました。
やはりワールドカップ出場組の小林由佳、野口啓代選手の茨城県の登りは圧巻でした。もちろん予選を一位通過しました。
ボルダリング世界ランク二位の野口生萌選手もリードは、得意種目とは行かなくてもオンサイトし東京を決勝に導く素晴らしい登りを見せてくれました。
午後からは青年男子リード予選になりました。そこは、女子とは違い全ての都道府県47チームが出場するのでとても長丁場になりました。
途中経過で岩手が暫定一位にこれには目を疑い確認に走りました。速報掲示板に戻ると満面の笑顔の藤原祐樹選手の姿がそこにはありました。暫定一位とはいえ快挙にはかわりがなかったです。
後続の選手の成績も気になりました。岩手の監督のやきもきする姿も見られました。
やはり圧巻だったのは、岩手で開催されたジャパンカップ一位、世界選手権八位の是永敬一郎選手のいる埼玉が予選を一位で通過しました。
競技開始まで長時間待たされた選手も役員も正に体力勝負でした。終わるとすでに外は真っ暗になりホット安堵しました(笑)
今日は決勝が無いので表彰式もありませんでした。明日はいよいよ最終日になり少年女子、青年男子、青年女子の決勝をむかえます。
岩手の青年男子も明日の決勝に出場する事ができました。ここは地元です頑張っです。
ついしん
岩手の少年男子のボルダーは二位で予選を通過し明日の決勝が楽しみです
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 訂正ディスカバリーチャンネ... | トップ | いわて国体おもてなし弁当3日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アウトドアスポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。