トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

ウドの花

2016-09-15 | 樹木 草花


今日は中秋の名月 やっと雲が切れて顔を出してくれました

ウドはウコギ科の山野に生える多年草
茎の上の方で分枝し 球形の散形花序が多数円錐状に付いた大型の花序を出す

花は淡緑色の5弁花で3㎜程の大きさ
雌雄の別が有り 上部には両性花序 下部には雄性花序が付く
花期は8~9月 北海道から九州まで分布している

春先の若芽は独特の香気と歯触りから 春の山菜として好まれる
根茎は2,3日日干しして煎じて飲むと頭痛やめまいに効く
同様に夏から秋にかけて葉を日干しして煎じて 食前に飲むと健胃 消化促進に効果がある

ウドの大木という言葉が有る・・大きいだけで役に立たないものの例え

中秋の名月・どアップでどーぞ


ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キオビツチバチ | トップ | ケリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

樹木 草花」カテゴリの最新記事