トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

カヤクグリ

2017-02-13 | 野鳥


雪の残る林道でカヤクグリに会った
高山のハイマツの樹海に依存して生きている日本特産種
カヤは灌木の意味でその中で潜るように暮らしている

留鳥又は漂鳥 主に高山のハイマツ帯で繁殖し 冬は低山や丘陵の林や林縁に移動する
繁殖期には明るい所で囀ったり採食するが 繁殖後は藪の中に入り中々見つけにくい鳥だ
数も少なく毎年同じ所に居るとは限らない
単独から数羽の群れで地上の草の実などを食べる

雌雄同色 上面は茶色で下面は灰黒色の地味な鳥
大きさ14㎝
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カイツブリ幼鳥 | トップ | オシドリとヨシガモ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL