トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

アワブキの花

2017-06-22 | 樹木 草花


泡を吹いたように咲くので中国では「泡花樹」と呼ぶそうだ
和名は 生木を燃やすと切り口から泡が出るので「あわふき」が訛ってアワブキと呼ばれる

アワブキ科の丘陵の雑木林や林内に生える落葉高木 10m位になる
葉は枝先に集まって付き 新葉はだらりとぶら下がった独特は感じで良く目立つ
真っすぐな側脈が20対以上もあり 縁には先が芒状の小さな鋸歯がある

花は6~7月 本年枝の先に20cmほどの大きな円錐花序だし 小さな淡黄白色の花を多数つける
花はほんのりと良い香りがする
果実は5mmの核果で秋に赤く熟す 多数付く花の割には実は少なくまばら
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルガモ | トップ | カキドオシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL