トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

オカヨシガモ

2017-04-04 | 野鳥


今日は24節気の清明 清浄明潔の略で生き生きとして清らかな季節

オカヨシガモのペアーがお互いにぐるぐる回って求愛ディスプレイ

冬鳥 もう北帰行が始まっているのにノンビリカップルだ
北海道では少数が繁殖している

海岸 干潟でも見るが湖沼 河川で見ることが多い
逆立ちすると嘴が水底に着くくらいの浅い所で 水面給餌 逆立ち採食 夜は水田や湿地で水草やイネ科の草の実を食べる
オスは嘴が黒 胸は灰色と黒褐色の小紋模様
メスの嘴は淡橙色で黒斑が不規則にある
地味色のカモだが良く見ると胸のあたりの細かい模様が素敵で 数の少ないこともあり人気がある
大きさは50cm
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオジュリン | トップ | 目黒川のお花見 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL