トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

ナミテントウ

2016-12-24 | 虫類


ナミテントウが葉の上で日向ぼっこしていた
同じ2紋型だが 紋の色が赤と黄色で面白い

ナミテントウは斑紋の形がおおまかにに4種類に分けられている
2紋型・黒地の翅に赤い紋が2個ある
4紋型・黒地の翅に赤い紋が4個あるもの
斑紋型・黒地の翅に赤い紋が沢山あるもの
紅紋型・赤地の翅に黒い斑紋があるもの
更に斑紋の大小や形などには様々なバリエーションがあり 細かく見ると100種類以上ある
もちろん違う紋の間での交尾は成立するのだが どうも紋の選り好みがあるのではないかとも言われている

出現時期は3~11月頃で 成虫で越冬する
テントウムシは日本では172種居て 多くの種ではアブラムシやカイガラムシ等を食べるが 草食性のものが8種類 菌食性(葉の裏のカビの仲間を食べる)のものが5種類居る

ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオハナアブ | トップ | タラヨウの実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL