トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

イタチハギ

2017-06-13 | 樹木 草花


紫色が素敵な花のイタチハギ
長い花穂をイタチの尾に見立てた名前と言う説がある
葉がエンジュに似ているので別名クロバナエンジュ
根の土壌固定力が強いので戦後法面緑化によく使われた

マメ科の落葉低木 5m程になる
北アメリカ原産で大正時代に韓国から導入された
今では要注意外来生物に指定されている

花は5~6月 枝先に10㎝程の穂状果序をのばし 1cmほどの黒紫の花を多数つける
花弁は旗弁のみで濃紫色 花糸は紫 葯は黄色と色合いがとても綺麗
果実は豆果で1cmの大きさで表面がイボイボ
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴジュウカラ | トップ | イワカガミ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

樹木 草花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL