トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

ウソ

2017-01-30 | 野鳥


口笛を吹くようにフイッフイッと鳴くので 口笛を吹く意味のうそぶくが語源

留鳥(漂鳥)または冬鳥
夏は亜高山帯で繁殖し 冬は各地の低山や丘陵地の林に移動する
小群れで行動し昆虫やクモ類木の実や葉 花芽などを食べる
サクラの名所や梅園で蕾を食害する
特にソメイヨシノの蕾が好きで 舌と嘴で芽の芯の部分をより分けて食べる
時には有害鳥獣として駆除することもあるという

オスは頬から喉にかけて紅く メスは頬を含めた体は灰褐色
ロシアの伝説では 托卵をめぐって争ったウソがカッコウに勝利したが カッコウの返り血を浴びたので喉が紅くなったという
色と言い形も上品で昔はよく飼われていた
大きさは16㎝
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モズ♂♀ | トップ | ハルサザンカの花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL