トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

オオツルタケ

2017-08-10 | キノコ
 

夏から秋にかけてアカマツ ミズナラ マテバシイなど落葉樹林内の地上に発生する
中型~大型のキノコ ツルタケ(鶴茸)に似ているが大型で色が濃いので大鶴茸 傘の径が10cm程有った

傘は始め卵形から開いて丸山型 更に平となり長い条線がある
子実層托(裏の胞子が出る所)はヒダが幅狭く蜜
柄は中心性で細長く 下方に広まり中空
基部は深く地中に入り 白い大型膜状のツボがある
美味しそうだが消化器系の中毒を起こす
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マメザヤタケ | トップ | スズバチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キノコ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL