トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

コルリ

2017-05-18 | 野鳥


久し振りにコルリに会えて嬉しかった
コルリ オオルリ ルリビタキはルリチョウと纏めて呼ばれていたが 江戸時代中期に区別されて呼ばれるようになった
オオルリとは違った渋いるり色が人気を集めるがそう簡単には見られない

夏鳥で本州中部以北に渡来する
低山から亜高山帯の 林床にササや灌木が生えている林に居る
主に林床や地上近くで行動し 明るくて目立つところへはあまり出て来ない
縄張り内で昆虫類 クモ類 ミミズ類などを採食する

オスは上面が暗青色で下面は白色 メスは全体がオリーブ褐色で腹は白っぽい
大きさ14cm
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オナガ | トップ | ジュウニヒトエの花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL