トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

ルリビタキ♂

2017-03-15 | 野鳥


もうそろそろ山へ帰る頃と思っていたが またまた出会えたルリビタキ
警戒心が弱く愛らしい鳥で人気がある

留鳥(漂鳥) 四国と本州の亜高山帯林で繁殖し 冬には低山や山麓 樹木の多い公園などに姿を現す
オスは青い羽毛になるのに時間がかかり 2年目の秋でもまだ雌と同じ茶色のままで過ごす
メスのふりをして強いオスの縄張りに侵入して 本物のメスに近づく作戦カモ と疑われている

この時期(非繁殖期)には雌雄に関係なく縄張りを持ち その中を動き回って樹上や地上で昆虫類や木の実などを食べる
オスは頭からの上面が青色で白い眉斑が有るものと無いものがいる
メスは頭からの上面がオリーブ褐色 尾羽が淡い青色
大きさ14cmでスズメ大
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トホシテントウ幼虫 | トップ | クロガモ♂ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL