トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

モミジバフウの紅葉

2016-11-05 | 樹木 草花


いつの間にやら秋もすっかり深まり木々が紅葉している
モミジバフウの木全体がグラデーションになって奇麗だ

マンサク科の落葉高木 20ⅿ程にはなる
北米南部から中米の原産で日本には大正時代に渡来した
別名アメリカフウ
公園や街路樹に植えられよく見かける

葉が5裂してカエデ類と似ているが カエデ類の葉は対生でこれは互生する
紅葉は赤色が主だが変異が多く色々な色が見られる
日当たりが悪い部分は黄色や緑が残り易く 木全体で色々な色が楽しめる

花は雌雄同株で4月頃葉の展開と同時に開花する
雄花と雌花は別々に頭状花序を作る
秋に生る実は蒴果が多数集まった集合果で3cmほどの球形
花柱が棘状に残り栗のイガのように見える
果実は6㎜程の長楕円形で翼がある
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンノキハバチの幼虫 | トップ | ネコノシタの花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL