トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

ヤハズソウ

2017-09-24 | 樹木 草花


ヤハズソウ(矢筈草)の名は葉を縦に引っ張ると矢筈のような形に千切れることから付けられた
一緒の者と葉をちぎって遊んだがチョッと可哀そうだったかも・・

マメ科ヤハズソウ属の道端に普通に生える一年草
ヤハズソウ属は東アジアにヤハズソウとマルバヤハズソウの2種があるだけ

茎には下向きの毛があり よく分枝して30cmほどになる
葉は1~2cmで斜めに並んだ側脈が目立つ
花は8~10月葉腋に付き 淡紅紫色の蝶形花で5mm程の小ささ
果実は細毛のある卵形の豆果で 熟しても裂けず種子が1個入っている

ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナンバンギセル | トップ | 白いゴーヤ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

樹木 草花」カテゴリの最新記事