トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

アシナガグモ

2017-08-13 | 虫類


平地から山地にかけて生息し 湿地や小川沿いでよく見かけるが草地 水路 都市部 農地など色々な所 日本全土に居る
名前の通り歩脚が長く 腹部も細長い
池に張り出した枝先や草に水平円網を張り 中心に長い歩脚と腹部を真っすぐに伸ばして静止している

幼体は他の個体の糸を足掛かりにして網を張ったり ジョロウグモなど他のクモの獲物を盗み食う
成体は夏から秋にかけて出現する
オスは上顎が発達して大きく 交尾の際メスの上顎と絡ませて食べられるのを防ぐ
オスとメスはお互いに上顎を嚙み合わせて オスは精子の入った2本の触肢を交互に外雌器に入れる
体長は15㎜ほど
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウズラカメムシ | トップ | イソシギ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL