トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

カニノツメ

2016-10-17 | キノコ


変わった形のキノコと言うと名前を挙げられる不思議な形のキノコ
その形からカニノツメという

初夏から秋にかけて公園に撒かれたチップや草地に発生する
幼時は白い卵型で 裂開して2本の腕(托枝)が伸びて天辺で繋がる
托枝の上部内側に 暗緑色の粘液(クレバ)が付き胞子が入っている
クラバは悪臭を放ち ハエやハチなどを呼び寄せ胞子を散布させる

大きさは5㎝程で公園に撒かれたチップに散存していた
腐生菌 食毒不明
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メイゲツソウ | トップ | コウガイビル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL