トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

ヒマラヤザクラ

2016-12-13 | 樹木 草花


桜を見ると何となくウキウキする
桜好きの人が多いからか あちこちに早咲きのものがが植えられ 10月入った頃から桜のシーズンは始まる
ジュウガツザクラ コブクザクラ フユザクラ そしてヒマラヤザクラ

ヒマラヤザクラはヒマラヤ周辺が原産の野生種
2000mの高山の森に生えている
高木で30mほどにもなる

東京では11月頃から咲き始める
花の蜜の多い木のようで鳥が結構集まっていた
実は卵形で始めは黄色だ熟すと赤くなる
二酸化炭素や窒素化合物の吸収が良いので温暖化対策ように注目されているそうだ
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トビ | トップ | タチツボスミレの狂い咲き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

樹木 草花」カテゴリの最新記事