トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

ヒラフスベ

2017-07-11 | キノコ


傘も柄も無く ただの丸い塊のキノコ
触るとフワフワしている

夏~秋にかけてスダジイやシラカシなどの広葉樹に出てくる
幼時球形又は塊形から 瘤型や厚みのある半円形となる
色は黄白色から鮮黄色 最後は暗赤褐色となる
肉は白く弾力があるが 後に黒褐色の粉状になる

内部の菌糸から厚壁胞子を作り繁殖する
厚壁胞子・・菌糸が分裂して無性的に作られる細胞壁の厚い胞子
フワフワして柔らかく美味しそうだが食べられない
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤナギマツタケ | トップ | サルオガセモドキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL