トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

タマスダレの花と実

2016-10-15 | 樹木 草花
 

タマスダレの花が咲き脇に実が生っていた
細い葉を簾に 白い花を玉に見立てた名前
雨の後良く花を咲かせるので レインリリーという素敵な別名もある

南米ペルー原産のヒガンバナ科の多年草
日本には明治時代に観賞用に渡来した
葉は地面から直接出ていて 中に花茎があり上に白い花を咲かせる
花は日が当たる頃開き 夕方に閉じ2,3日咲く
花期は8~10月

花後黒い実が生る 根には球根があり分球して増えるが 種子でも繁殖する
種子から花が咲くまでは2年かかる
有毒成分を含む植物で 食べると吐き気 麻痺を起こす
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オイランソウ | トップ | メイゲツソウ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL