トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

シャシャンボの実

2017-10-09 | 樹木 草花


丸い小さな実が沢山付いたシャシャンボ(子子ん坊)と言う面白い名前
小さな実が沢山付いた様子を小さな坊や すなわち子子ん坊と呼んでいたものが転化してシャシャンボとなった

ツツジ科の常緑低木~小高木
千葉県以西 石川県以西の沿岸地の痩せた尾根 乾いた林内や林縁 湿った谷筋などに生育している
花は5~7月に前年枝の葉腋から5cmほどの総状花序を出し 白色又は赤みを帯びた花を下向きに多数つける
花冠は5mmほどの筒状の壺型で上部は5裂し裂片は反り返る

果実は液果で5mmの球形 上部に萼片が宿存する
10月頃にかけて紫黒色に熟す
熟した実は甘酸っぱくてチョッと独特の味で美味しい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加