トリからキノコ 自然見て歩き

足の向くまま気の向くまま トリからキノコまで
自然の中が心地よい

クロコノマチョウ

2017-10-07 | 虫類


薄暗い林の中で道案内するように数メートル毎に地面に止まってこちらを窺っていた

森林 林縁 農地 河川など平地から丘陵地の樹林や農地周辺に居る
東京周辺では見られなかったが今では時折見かける
林床の割合低い位置飛翔し地面に良く止まる

成虫で越冬し4月頃から11月まで見られる
幼虫は5cmほどの緑色をしたイモムシで 頭部に一対の長い円柱状の突起がある
食草はススキ ジュズダマ ヨシなどイネ科植物
コメント
この記事をはてなブックマークに追加