水に降る雪

おもに宝塚、そして日々のこと

金色の砂漠

2016-12-13 | 花組
今日は大劇場の楽でしたね。お疲れさまでした。
朝から冷たい雨がしとしと降り続いていましたが、今は土砂降りになってます

さて「金色の砂漠」
多少の賛否両論はあるようです。
トップスター様を踏みつけにすることや、ちょっと振りがエロすぎなのでは、とか
憎しみから生まれる愛の連鎖とか

私はイイ作品だと思いますくーみん(上田久美子)のこれからの作品にも期待してます

みりかの(明日海りお、花乃まりあ)コンビだからこそ、こんな作品になったんですよね。
みりかのといえば、大劇場も含め再演作品ばかりでしたから、
オリジナルでこれだけの作品に出会えたのは、良かったのではと思います。
まぁ主演コンビは、どちらもプライドが高くて、素直じゃなくて、面倒くさい人たちなので
感情移入出来るかと言われれば、微妙ですけど

でも主演コンビに共感出来なくても、誰かしら共感出来る人がいるんじゃないでしょうか
私の場合はキキちゃん(芹香斗亜)、べーちゃん(桜咲彩花)、たそ(天真みちる)のトライアングルにやられました
特にキキちゃん。私の中で、一番しっくり来たというか、初めてキキちゃんにキュンとしたかも
語り部を兼ねてる役でもあり、2番手の役としてどうなの?という面もありますが。
単独というより、この三人の関わり方が、みりかの+かれーくん(柚香光)の三人とは、
また別の旋律を奏でているという感じで、こちらをメインに展開させることも出来たと思われる関係性がいいなと。
3人の間に愛が溢れているだけに、切なさにやられました。
キキべー+たそ、というキャスティングもナイスでした(まぁ宛て書きだからですが

キキべーたそ、もそうですが、ちなつちゃん(鳳月杏)ゆきちゃん(仙名彩世)の王と王妃の関係性も、
ナカナカ一口では語れない愛の形で凄いです
ゆきちゃん王妃とその奴隷じゅんこさん(英真なおき)の歩んだ道とか、
じゅりあ様(花野じゅりあ)マイティー(水美舞斗)の砂漠の盗賊姉弟とか、
登場人物ごとに、いくらでもスピンオフ作品が作れそうなのも面白いですし、
せっかく国を奪ったのに、頭を失ったあの国はその後、どうなったんだろう、などと後日譚を考えられるのも楽しいです

フィナーレも良かったです普通とは順番が入れ替えてあって、作品世界に添った形で始まって、最後が燕尾
でもキキちゃんには、ダンスをもう少し頑張って欲しいですね
今回歌もお芝居も良かっただけに、最後のダンスで、ズコッってこけましたから
ダンサーじゃなくても、魅せる技術っていうのがあると思うので頑張れ~
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヅカオタが、二人寄れば勝手... | トップ | ポスター画像と先行画像 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

花組」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。