水に降る雪

おもに宝塚、そして日々のこと

男役芸を考える

2017-07-29 | 宝塚
お久しぶりです

暑い日々が続きますが、元気に観劇に通ってます贔屓組公演中は忙しいです
AfOに通う合間に、OSOを観てきましたちょっと日程的に無理かな、と思ったのですが、
思いがけずナカナカの良席チケットが、舞い降りてきてくれまして
どちらも楽しく盛り上がれる公演ですね

私の贔屓は、ご存知の方も多いとは思いますがかなとくん(月城かなと)月組1年生です
でも大体一通りどの組も観たい派、なので、各組に好きな生徒さんがいます
(浮気者~って怒らないで下さい

で、AfOを観にいって、としくん(宇月颯)にヤられ
OSOを観に行って、かいちゃん(七海ひろき)にヤられました

悪い、かいちゃんメチャメチャ素敵サングラスを外しながら現れた、かいちゃんにクラクラしました
かいちゃん眼鏡も似合うけど、サングラスも格好いいですね~惚れ惚れします
ここまで悪い役は見たこと無いような?新鮮です銀英伝のオベ様は悪役とはちょっと違いますし、
スカピンのロベ様は元々理想に燃える革命家だったわけですし。
でもムケーシュはとことんゲスいいのは見た目だけ、って、まぁあれくらいイケメンだと騙されてみたいかも
相手にしてもらえないでしょうけど
悪い人なので、笑わないロベ様も笑ってませんでしたが、同じように無表情に見える役でも、違いますね。

ロベ様は理想と現実が、どんどん離れて行くことに焦燥を感じていて、かすかに浮かべる笑顔も力がなくて、
なんだか気の毒になってしまいます(イケメンは得だな
ムケーシュは、自分がのし上がるためなら、何でもする人。他人を踏みにじることに、何のためらいも罪悪感も無い。
かいちゃんって、こんなに目力あったっけな~、ってくらい目線が鋭くて冷たくて。
自信たっぷりのニヤリ顔が、イヤー怖かったです

歌は、まこっちゃん(礼真琴)が演ってた役だし大丈夫かな、と心配しましたが結構歌えてたと思います。
贔屓耳が入ってますかね~
まこっちゃんのムケーシュを見た人には、物足りないでかもしれませんけど。
ただね、まこっちゃんムケーシュを見てないで、書くのはナンですが。
ニュースなどで見た限り、初挑戦の悪役をすごく頑張ってたし、2幕の白髪に髭部のオジサンも良かったとは思うのですが、
それでもこの役は、かいちゃんの方が嵌るな、と思いました。
ショーブランの時も思いましたが、やっぱり若さは隠しようがない。
経験値の低さというか、やっぱり余裕が足らない気がしました。
(あくまでニュースなどで見た個人的感想です。映像でも全部見たら、印象が変わるかもしれません


AfOの髭部のイケオジとしくんも、色気があって格好いいですけどね~
ホントに“男役十年”はダテじゃないですよ
力みもなく立ったり動いたりする姿に、全く中身の女子を感じさせない。自然なんですよね。

前回AfOを観てた時、みやちゃん(美弥るりか)が一人で舞台奥に去って行くシーンがあったんですが。
そこの、みやちゃんの背中が格好良くて痺れました
いやぁ、男役は背中で語らなきゃ
役の陰影や深みの表現が素晴らしい。薄っぺらくない


“男役芸”っていうのも、一つの立派な芸だと思うんです。

過去にはいろいろ足りないところがあっても、男役芸を極めてトップになった方もいらっしゃいましたね。
その典型が、うひたん(大空祐飛)かなと思います(うひたんファンの皆様ごめんなさい
これからもそういうタイプのトップは出るんでしょうか?
かいちゃんが目指してるのは、そこなんでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後の日が来てしまいました | トップ | デカイの来た~、けどまた映... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

宝塚」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。