水に降る雪

おもに宝塚、そして日々のこと

演出家との相性を考えてしまう「鳳凰伝」再演

2017-05-20 | 月城かなと
何事にも“相性”というものがあるようで。演出家と主演者の相性も、あるような気がします。
巡り合わせというか、引きの強さと言うべきかもしれませんが
再演の場合は本人の希望が通る時もあれば、劇団やプロデューサーの意向の場合もあるので、あまり関係ないですが

数々の駄作をモノにした谷やんも、みっちゃん(北翔海莉)との相性は抜群でした
このブログで蛇蝎のように忌み嫌う、だまっちも星組や宙組では、案外いい仕事してます

で、キムシン
実は前の贔屓、水(夏希)さんとは意外と相性が良くて
雪組トップになってからの「君を愛してる」は凡作でしたけど、可愛いハッピーミュージカルでした。
そしてトップになる前に出演した二作では、印象的というか、インパクトのある素敵な役を演ってます
一つは雪組特出した「スサノオ」のアオセトナ様そしてもう一つが「鳳凰伝」のバラクでした

野心家だけど男気のある盗賊の頭。亡国の王子カラフと、縁あって友に。
最後の立ち回りは、全ツだと盆もセリも無いので、ちょっと残念ですけど、カッコイイんですよね~

この役、かなとくん(月城かなと)に演ってほしいなぁ~
雪担だった、かなとくんは当然「鳳凰伝」も見てるでしょうし、バラクを演るとなったらスゴイ喜ぶだろうなぁ、と思うんです
カラフは、たまきち(珠城りょう)に合うと思いますし、かなとくんバラクとの相性も絶対イイと思います。
二人の男の友情、いいなぁ~
もし全ツ組でバラクだったら、全国付いていきたいくらいです
実際には、梅田で1回見れるかどうか、ですけどね

「鳳凰伝」って他に、かなとくんに演ってほしい役って、無いんですよね
正直な話、バラク以外だったら、全ツから外れてほしいと思うくらいです。
ただ、みやちゃん(美弥るりか)を差し置いてまで、演ってほしいとは思いませんけどね~
それくらいなら、専科公演に出て欲しいです。理事様(轟悠)や、他の専科の人との公演は勉強になるでしょうし。
それか、みやちゃんにDSをやってもらうか。

振り分けが出るまで、悩ましいですね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月組・専科公演ラインアップ | トップ | 時は止まらない »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。