水に降る雪

おもに宝塚、そして日々のこと

「Santé!!」

2017-06-10 | 花組
花組公演「邪馬台国の風/Santé!!」観て来ました。

まずはショー「Santé!!」から。
※ネタバレ少しあります。












ショーはイイ 
最近の大介ショーでは、一番好きかも
いきなり女装祭りからですけどね~
インパクトのある美女たちなので、ここはOKだと思います
でも女装祭りって、稀少感があるからインパクトがあって楽しいんで、
しょっちゅうやると値打ちが下がりますよねぇ

マイティー(水美舞斗)×あきらくん(瀬戸かずや)のデュエットダンスは、エロくて素敵でしたけど
マイティー可愛かったし立派な背筋も拝めたし
でもモン・パリのところの、みりおちゃん(明日海りお)の女装は無くても良かったと思います。
頭飾りもかなりビミョーでしたしあのセンスは良くわからないわ


女装祭りからの大階段板付き、という流れのプロローグがいいですねテンションが一気に
大階段の正しい使い方だと思います
お衣装もゴールドとワイン色で、ゴージャスで綺麗

全ツを観れなかったので豪華な衣装に身を包んで、みりおくんの横に並ぶ、ゆきちゃん(仙名彩世)の姿に感動~
ホントに娘1になったんだね~(お芝居も観たでしょうに

そして意外にも(失礼)みりおちゃんとの並びがしっくり来る
実を言うと、ゆきちゃん大好きなので、娘1になってほしいとは思ってましたけど、
みりおくんの相手役は想像してなかったんですよね。
っていうか、みりおくん、男役としては小柄なのと、どの娘役よりも美しいのとで、横に並べる人が思いつかない
相手役選びは超難題よね~、と昔から娘と話題にしていたので

前娘1も似合わないね~、と話してましたが、じゃあ、ゆきちゃんなら合うのか?と言われると、う~ん、な感じがしてて
正直誰が来ても同じかも、なんて
ゆきちゃんは超実力派の娘役として、路線の娘役が演らないような、アクの強い悪女や、
みりおちゃんの母や、叔母といった年上の役まで演ってましたから、なおさら

存在感のある役を演ることが多かったので、大きく見えてましたが、実はそんなに大きくなかったんですね
みりおくんと並ぶと丁度イイ、サイズ感そしてふんわりとした雰囲気が絶妙にマッチしてる
ゆきちゃんの娘役力スゴイなぁと感嘆しました
学年も学年だし、次のポーでメリーベルはムリじゃない?と思ってましたが、ゆきちゃん役者だし、娘役力あるし、
これはいけるんじゃないかと思いました


ショーは前半が特に楽しかったです。今年はレビュー90周年の記念の年なので、
それにちなんだ昔の曲や場面を、どの公演のショーでも入れてきてますが、ちょっと唐突感があるような
大介先生にはもっと自由に、好きなように作って欲しかったなぁその方が最後まで、もっと格好いいショーになった気がして…
後半も楽しかったし良かったですけどね
みりゆきのデュエットダンスもお披露目とは思えないくらい、合ってましたし。
なんか、みりおくんの笑顔がホントに優しくて包容力増してませんかね?
男役として、トップとして、余裕が出て来たせいもあるでしょうけど。
見てて、とっても安心感のあるコンビだなぁと思います

お芝居とショーに、専科から美穂圭子さんと、マギーさん(星条海斗)が出てらして。
ショーではあちこちで使われてて、久しぶりに美穂様のお歌が聴けて嬉しかったです
二人の場面もありましたしね。
その分、ゆきちゃん初め、花娘の歌ウマさんの歌が少なめでしたが
なので今回のショー、ゆきちゃんは歌よりも、凄く踊ってるな、っていう印象でした

お芝居では美穂様、出番ほんの一瞬でしたからね~
え、これだけってなりましたもの。
中村A氏が大介先生に「ごめん圭子ちゃん、出番少ないからさぁ~、ショーでよろしく」ってお願いしたんじゃないかと勘ぐってるくらいです


もう1回見たいですが…行けるかな
『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月組新公主な配役、その他配... | トップ | 邪馬台国の風 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。