ピュア・インスピレーション

人類の新しい旅立ちを目指して、洗脳の殻を破り、宇宙の法則に近づくため純粋な直感を育てましょう!

貴方の意識が覚醒してゆくと、それと同じように五感も敏感に覚醒してゆくようになります!

2016年01月28日 16時28分25秒 | 人間の本質
「五感が覚醒するという事は、光の粒を見たりオーラを感じたりする事が出来るようになるだけでなく、”予感や兆候”といった波動の流れを敏感に感じ取る事が出来るようになる事を意味しているのだと、バシャールは話しています。」との「バシャール:新しい型」より。 . . . 本文を読む
コメント (1)

超感覚的能力を高めるには、瞑想したり沈思黙考するだけでなく、沈黙することが極めて大切です!

2016年01月19日 12時08分01秒 | 人間の本質
「自分を知る最初の方法は、低い意識の心のおしゃべりをコントロールし黙らせることです。 3次元4次元の課題を乗り越えた時、高みを目指す魂は、5次元の第1サブレベルに向かう最後の壁に直面します。 4次元内にある魂のすべての断片は浄化され、バランスが取れ、その人の肉体の下位に統合されます。 その結果、探究者は調和し、魂の息吹がかかった人格になります。」 . . . 本文を読む
コメント (1)

”無条件の愛”の波動は、しっかりと貴方の”中”に流れているという事を感じ取って下さい!

2016年01月01日 22時55分55秒 | 人間の本質
「と、バシャールは話しています。 高次元の波動が充満する今、何処かの美しい森に出かけなくとも、貴方は”光”を感じる事が出来るはずです。 貴方の心の”中”にしっかりと根付く、ピュアでポジティブな波動を感じ取って下さいと、バシャールは話します。 ”変化”は既に始まっているのです。 そして、私達がずっとずっと待ち望んできた、”待望の瞬間”が訪れようとしています。」との「バシャール:待望の瞬間」より。 . . . 本文を読む
コメント

高波動の愛の波動に”気がつく心”を育ててゆきましょう;そして、高みへ向けて一緒に歩んでゆきましょう!

2015年12月29日 22時54分20秒 | 宇宙
「より高い波動域にいるという事は、より高い知恵や知識にアクセス出来るという事を意味しています。 もっと簡単に説明すると、貴方の疑問や問題に対する答えや解決策に圧倒的にアクセスし易くなるというだけでなく、更なる高みへ続く”扉”の存在に”気がつく”ようになります。」との「バシャール:気がつく心」より。 . . . 本文を読む
コメント

2016年のエネルギーは、社会のあらゆるレベルで大きな転換が起こるエネルギーになります!

2015年12月16日 22時28分03秒 | 宇宙
「皆さんの魂は、クリエイティブな想像力を駆使して夢を見、ストーリーを語り、絵を描き、音楽を創り、ダンスをし、そうして堂々巡りするタイムラインを落ち着かせ、ダイヤモンド光の星としての彼女の運命と地球社会とを結びつけるように迫って行きます! 残り少ない2015年を穏やかで喜びをもってお過ごしください。 2016年もさらに皆さんと協力し合えることを楽しみにしています」との「大天使ミカエル 銀河の整列:12/12, 12/19」より。 . . . 本文を読む
コメント (1)

悩める人達は皆、自分を愛せてはいません信頼もしていません;それはつまり・・・

2015年12月12日 01時19分44秒 | 人間の本質
宇宙と繋がってない事になります! 「自分を愛してるからこそ、人を愛せる。 自分を信頼してるからこそ、人も信頼できる。 全てはそこから始まる…と私は思うのです。 そして、一番言いたい事は、《アセンション有りきの人生の目線》ではなく、 《ただ今、この時、この瞬間を一生懸命、生きる。》を表現し続けた先に〔アセンション〕が待っている…そして自分を愛せる、信頼できる自分が待っている…というものです。」との「読者の KAZUEさんからの不思議な実体験のコメント」より。 . . . 本文を読む
コメント

多くの人達は2015年12月21日〜12月26日の間のいつの日にかに、自分の中で光の爆発を

2015年11月30日 22時08分21秒 | 人間の本質
経験するでしょう!--- 「この期間に光の爆発を経験する者は他者の支援を必要とし、同時に、集合の活性化または支援をすることが必要になります。 人間の集合意識からの増幅を必要としない者たちはこの期間の前後のタイミングである天のタイミングにおいて自分たちの光の爆発を経験するでしょう。」との「アンドロメダ・・・2015年11月27日 自分の中からの光の爆発」より。 . . . 本文を読む
コメント (4)

シフトの時期に生まれでた私達は、この古いサイクルを壊して新しいサイクルを創る目的を持っています!

2015年11月25日 22時37分29秒 | 人間の本質
「それは、個人レベルから始まってゆくのだと、バシャールは話します。 私達一人一人がそれぞれ、心の中に光を持ち、自分にパワーが宿っている事、自分には自分の世界を創る力が備わっている事に”目覚める”為にやってきているのです。 さぁ、一緒に歩んでゆきましょう!」との「バシャール:目覚め」より。 . . . 本文を読む
コメント (1)

私たちのこの意識が自ら気づき、その制限を取り払い解放すると、何故?波動が上がるのでしょうか?

2015年11月22日 23時51分48秒 | 人間の本質
これが私たちのこの意識の波動を上げて起きるシフトであり、私たちのこの意識の次元上昇であることは、既に皆さんもご存知のことであると思います。 では、何故? 私たちのこの意識が自ら気づき、その制限を取り払い解放すれば、その波動が上がるのでしょうか? . . . 本文を読む
コメント (1)

私たちのこの意識の素晴しさ、その現実と真実を知り日々「感謝」しながら暮らして行きましょう!

2015年11月21日 22時11分44秒 | 人間の本質
私たちのこの意識は、恐ろしい悪魔のようになったり、やさしい天使のようになることが出来ます。 そして、そのどちらでもないニュートラルな状態になることもできます。 そこまで極端でなくとも、ちょっとネガティブになったり、ちょっとポジティブになったりします。 そして、ほぼニュートラルになることもできます。 不思議だと思いませんか? . . . 本文を読む
コメント

もし、あなたのこの意識がなにものにも影響されないものであるとしたらどうでしょう!

2015年11月18日 23時35分12秒 | 人間の本質
真実はそうなのです! なにものにも影響されないのがあなたのこの意識です。 真の意味であなたのこの意識に影響を与えることが出来るのは、唯一、あなた自身の高次元意識だけなのです。 しかし、あなたの高次元意識もあなたにアドバイスはするけれどそれ以上の介入は緊急時以外は絶対しません。 . . . 本文を読む
コメント

多次元意識体の一番波動が低い私たちのこの意識も、全てを活かす「愛」のエネルギーであることを

2015年11月17日 22時39分45秒 | 人間の本質
認識する時です!--- 「皆さんの周りには、皆さんを支援するように皆さんが絶対的に頼ることができる存在は誰もいません!」 「どのような存在も、皆さん自身のさらに高い認識と皆さん自身の優れた判断力を除いて、頼ることはできません。 それで皆さんは、皆さん自身の優れた判断力の力を活性化することが、特に今、どれほど非常に重要になるかということを、簡単に理解することができます。 皆さんはそれをどのように行いますか?」との「評議会 The Council 別の概観 Another Look November 4, 2015 in Channeling」より。 . . . 本文を読む
コメント

貴方が最初に出会う超自然的存在(シャーマン)は、貴方のハイヤーマインドである!

2015年11月16日 22時24分52秒 | 人間の本質
「とバシャールは話します。 何故かと言うとハイヤーマインドは貴方にとって一番近しい存在であり、貴方独特の波動接点を、他のどの存在よりも多く持っているからなのです。 ヒトは、”親近感”を感じるものに寄って行く傾向があり、その反対の”慣れない”ものには怖がって遠ざかる傾向があります。 ですから、他の高次的文明とチャネリングする前に、貴方はハイヤーマインドと繋がり、ある程度慣れてから次の段階へと進んでゆくプロセスが必要となるのです。」との「バシャール:親近感」より。 . . . 本文を読む
コメント

後ろ向きに生きる人、まだ来ぬ未来を心配する人、その誰もが”今”という一番重要なポイントにいません!

2015年11月15日 00時08分14秒 | 日本
「”今”を感じる一番手っ取り早い波動は、”感謝”の波動であると、バシャールは話します。 感謝の波動は”無条件の愛”の中でも最高に高い波動であり、貴方を”今”へと引寄せる波動でもあるのです。」との「バシャール:前進」より。 . . . 本文を読む
コメント (1)

11:11のポータルが開いたとか魂のウオークインが始ったとは感じないけれどエネルギーが

2015年11月13日 22時53分39秒 | 宇宙
加速しているように感じている--- 伝えられていた11月11日にポータルが開いて色々な現象が現れてくるとのことの検証をこの3日間続けてきました。 その結果、今までのところ大きな変化を見つけることが出来ていません。 眉山の頂上で、空を見たり雲の様子を見たり太陽を凝視したりしましたが、特に変化は感じません。 . . . 本文を読む
コメント (4)