千艸の小部屋

四季折々の自然、生活の思いを、時には詩や創作を織り交ぜながら綴りたい。

水ぬるむ頃

2017年03月06日 | 日記



 水ぬるむ頃・・・
 そんな表現が似合う三月です。このところ、いいお天気が続きます。
 花粉症が辛い日々でもあります。マスクをかけ忘れるととんでもないことになります。今年は酷いです。
 川の水はキラキラと輝いていましたが、写真に撮るとこんなに暗いです。出かけた時間帯のせいでしょうか。





 農道も少し歩きました。
 まだ、こんなに雪があります。



 
 詩(無題)

表現することの
難しさを切実に感じています
ぶ厚い壁のようです
たとえば
心象的な
ある風景を
どうしてもそのまま
うまく表現することができないのです
心で感じたものと
心の眼が激しくぶつかりあいます
勿論
ありのままの心を表現することに
ためらいがあるからです
ためらいから詩は生まれないのかもしれません
どうして
詩を書くようになったのか・・・
そんなあいまいさが私を支配しているようです
心があふれた日があったことさえ忘れたように

                    (azumi)

 購入して、何年も何年も読んでいなかった藤沢周平最後の作品「漆の実の実る国」上下巻を読みました。
 藤沢作品お得意の、市井ものでも、架空の武家もの、海坂藩でもありません。
 歴史小説です。
 ここ南魚上田の庄生まれの上杉景勝、直江兼続。秀吉の命により、会津百二十万石に加増移封された景勝。関ヶ原のあと、家康の命により直江兼続の知行地米沢三十万石に減知・転封されました。さらに、半知十五万石となってしまいます。そのずっと後、米沢藩の上杉鷹山の時代の物語です。過酷で厳しい時代だったのです。

 けれど漆の実は成長し熟し始めていた。その実は触れあって枝先でからからと音をたてるだろう。秋の野はその音でみたされるだろう。

 まだ読んでいない作品はありますが、藤沢周平最後の作品を読み終えて安堵しています。


 娘から画像が届きました。

 ランドセルが届いて大喜びです。



 四月から小学一年生です。
 春の花がいっせいに咲き出したように嬉しい私です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある日に | トップ | 卒業式 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (ゆぐ)
2017-03-21 23:16:14
やっぱり春はきているんですね
雪景色も春の雪に変わっているようです

1年生
ピカピカのランドセル いいね~

家も今年1年生
同じなのね

この前 生まれたばかりなのに6年たったらすっかりお姉さんの雰囲気
私たちは6年たったら どんどん小さくなるのにね
春なのに~ (azumi)
2017-03-22 10:30:42
 おはようございます。
 PCが変わったので、やり方が全然違う・・・
 ちょうどPCドクターが来ていたので助かりました(^_^;)
 一昨日は洗濯物がからっと乾いて春日和でしたね。昨日からまた下り坂です。
 
 東京は桜が開花したのに、我が家はクロッカス一輪です。
 でも、確実に春はそこまで来ています。

 春のお彼岸は母の七回忌。お寺での法要でした。

 女の子はおしゃまさんですよね。
 時々タジタジになります。
 電話では「恥ずかしくって~」とあまり話しません。面白いですよね。
 そう!ゆぐさんちもピカピカの一年生ですか。楽しみね~☆(^o^)☆
 六年たてばどんどん?何もかも?少しずつ縮みますよね。仕方ないかな。
 でも夢と希望を持って歩きましょうね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。