葛飾区青戸 松林歯科院長のこぼれッ話

街で、ウオッチングした、出来事や葛飾区青戸の歯科医院の、笑える話が てんこ盛り!
カテゴリ、笑える お話がおすすめ!

映画/ザ・コンサルタント

2017年01月30日 | 映画




土曜日の仕事上がりに、西新井のTOHOシネマで「ザ・コンサルタント」のスクリーンに
 in.感情を表に出さない会計コンサルタントを演じるのはベン・アフレック

でも只の会計士ではない 裏の顔は腕利きの殺し屋!でもでも只の殺し屋ではない
 子供の時から重度の自閉症を患っていたが、軍人の父親などの助けで社会復帰し

会計士だが、麻薬カルテル、武器商人、殺し屋、マネーローダリングの達人を
 顧客にかかえる裏社会の掃除屋だった。最初 正常な弟と自閉症の施設に

母親に連れられて、訪れ もくもくとジグゾーパズルを完成させていくが、最後の
 ピースが見つからず 狂ったように暴れるクリスチャン(ベン・アフレックの

役名)近くにいた同じく自閉症の女の子がピースを見つけてくれて、クリスチャンの
 興奮は収まり完成したジグゾーパズルは、絵の描かれていない裏返しで

当てはめられていた。自閉症が有利に働いたのか数字に関して天才的な頭脳を持ち
 リビング・ロボ社の不正を暴いてしまい殺し屋に命を狙われる

これにリボ社の女会計士補佐のデイナも巻き込まれ さらにクリスチャンの身元を
 探る財務省犯罪捜作部局長と弱みを握られ操作に協力する女メリーベルも

からんでの攻防だが、いろいろ伏せんが張られていて、クリスチャンに指示を出す
 女の正体が分かった時は、ビックリ!往年の悪役ジョン・リスゴーが久々に

見れたのは うれしい。ただ殺し屋の正体が分かって、死闘がなくなった結末は、
 拍子抜けでがっかりしたオイラの批評は

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松方弘樹 | トップ | 映画/マグニフィセント・セブン »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL