葛飾区青戸 松林歯科院長のこぼれッ話

街で、ウオッチングした、出来事や葛飾区青戸の歯科医院の、笑える話が てんこ盛り!
カテゴリ、笑える お話がおすすめ!

映画/ライフ

2017年07月29日 | 映画



なにやらエイリアンぽい映画っうので、平日水曜日の午後、120人のキャパに
 客が7人しかいないという字幕版洋画「ライフ」のスクリーンにin

乗務員6人の多国籍宇宙ステーションが火星で未知なる生命体の細胞を採取し
 調査する物語。乗務員になつかしの真田広之が日の丸を付けて参戦

主演はジェイク・ギレンホール(オイラは飯田橋にある映画館ギンレーホールと
 よく読み間違いする)採取したカルビンと名ずけられた生命体が

最初はかわいい癒し系と見られていたが、徐々に凶暴性を発揮し形を変化させて
 いき宇宙船内を逃げながら乗務員を1人、また1人と血祭にあげていく恐怖。

今の若い世代が見ればかなり恐怖を感じるだろうが、40年前のリドリー・スコット
 監督の金字塔と呼べる「エイリアン」をみているオールド世代は

ちっとも怖くない。なんせ形はヒトデ?それもスケルトン。人間にくらいついたら
 離さず骨まで粉砕し人間の体内に入る程度。あの初代エイリアンは

カニのような甲殻類から徐々に、脱皮して大きく変形していき あの人間の
 体内に入りお腹を破って飛び出す映像はすごかった。今回、ギレイホールが

凶暴な生命体を地球に持ち込まないよう犠牲になり、宇宙のもくずと消えるはずが
 エイリアンと共に地球に帰還してしまうと、ドびっくりオチで次回に繋げ

ようとしたのか、ちとひねった結末になっているが、オイラ的にはもうすぐ
 上映されるリドリー・スコットのエイリアン最新作の方に期待してしまい


ライフの批評は

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パワースポット/丸の内 | トップ | 池袋/丸善(MARUZEN) »
最近の画像もっと見る

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL