非想天則攻略

独り言

銭を捨てる

2016-10-18 19:23:15 | キャラ対策(STG)
ガードを攻撃に昇華するには銭が邪魔に感じる。



だから銭を回復星にしてみる。



















これが咲夜などのスペカ中心構成だったらまだしも



積み系キャラで手札圧迫カードはデメリットが生じる。



そして銭は少し安全に拒否できすぎる。キャラによって違うがここが罠なんじゃないか。











ガードを攻撃にするという意図はつまり針と身代わり人形を持たせると



結界狩りに針を合わせて逃げるという形になりながら起き攻めで宣言が多くなる。



そうすると上手くいけばもし触られた場合に、普段より堅くて捕まりにくくてしんどいと感じさせれば



中下読みやすくなるので正ガ率が上がり最速結界11Fも含めてガードが凶器に変貌する。



なるべくガードしない、固まってもメリットがないと以前言っていたがそれは



ガードを攻撃に変える準備もなしに安易に抜けようとしても防御目的でガードすること自体に



なんらかのリスクが必ず生じてしまうという意味で、銭はそれを助長してしまう可能性がある。



それは銭結界という半分脳死で固めを避けられてしまうという美味しすぎる話に危惧を感じたから。













銭結界には一切のリスクがなく、ガ反やバーストのように読み負けもせずリターンしかない行動で



これは他ゲーから考えても最強クラスの防御システムだと思う。しかし何か引っかかる…



共通システムにはないにしても不自然に強すぎるという違和感を覚えた。



このカードだけ読み合いのリスクリターンがあっていない。そしてその代償としてデッキを圧迫する。



デッキを圧迫する代わりに脳死結界が可能になる訳だけど、これは言い方を変えれば簡単に拒否できすぎて



ガードを攻撃に利用できず自キャラ攻略を破壊しデッキを圧迫するウイルスカードなんじゃないかと最近思い始めた。



(前述した通り銭の価値はキャラにより、もともと逆択暴れのある霊夢の場合はそうなってしまう傾向があった)



楽をしすぎて逆に強さを100%引き出し切れなくなると一周回って弱いカードになるとしても



少なくとも全キャラ安定して入るカードなのかは誰も言っていないのに勝手に必須だと考えてた。



攻略の基準が独特になると価値基準も独特になったのかもしれず、今はそれに従いとりあえず常識を疑ってみる。



あるいは銭結界目的だけなら1枚でも圧迫しないので宣言重視で2コス妙株捨てて銭を一枚だけ入れる手もある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 身代わり人形デッキ | トップ | 株も捨てる »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL