育つ育てる育てらるるの巻

47歳の母が中3&小1姉妹を子育て中。育てているのか育てられているのか、日々奮闘!

可愛い奥さん。

2016年10月01日 | 独り言川柳
夫婦とは山と谷あり道深し ... - 俳句くん - はてなセリフ


我が家は数年前からバタバタと慌ただしい日々が続いています。
一番最初はオツトのメンタルの病気です。
その後、以前書いたように義父が亡くなり、そして実母がくも膜下出血ののち
化膿性骨髄炎という肺血症を引き起こす病気を発症し(現在は回復して無事退院しました!)
という、そりゃあもう


てんてこ舞い


を地で行く感じでした。



実は私、この年でも白髪が全く無かったのですが
ふと髪をかき上げた時に1本、2本と白髪が見えた時のショックね。



マリーアントワネットか!!



と思いましたよ(笑)



ホント、人生楽ありゃ苦もあるさ。って感じです。



義父の件が終わったら、実母の件でそれもオツトが落ち着いてきたころだったので
本当に立て続け感が半端なくて疲れましたー。



ホホホ。



オツトの件は、本人が自覚したことから通院が始まりましたが
会社を1日も休むことなく頑張らずに頑張って治療してきたことは
本人の自信にもなり、今ではもうほぼ完治と言ってもいいでしょう。



ですが、そこに至るまではなかなかに、なかなかに、大変でした。



病気の辛さというのは何よりも本人が一番大変だと思います。
病気ですから当然です。
本当に辛かったのだろうと思います。
病めるときも健やかなるときも、と夫婦になったわけですから
もちろん助けたいと試行錯誤しました。


ですが本人の様子を見ていると、どうしてもイライラが募ったり
自分勝手に見えてしまうところもあり
(そもそも病に対する考え方などに違いもあり)
一体私は何をどこまですればいいのか。
どこまで我慢すればいいのか。
いや、我慢するという考えが傲慢なのだとしたら
そうかワタシはおおらかに包み込む母になればいいのか。


等と色々な視点でめまぐるしく考え方が変わっていきました。
相手が治療において右往左往するならこちらも変則技を使わなければなりません。



ワタシが変わればいい。ワタシが変わればいい。



それを呪文のように唱え続けていました。
そして日常は待ってくれません。
生活は時間通りにワタシを追い立てていきます。
それに助けられる部分もあるのですが、
プチンと何かが切れてしまう気がすることも多々ありました。



このまま私は気が狂うのでは?



と思ったことも1度や2度ではありません。
病気の家族のサイトなどがないか何度検索したか分かりません。
でもないのですよね、残念ながら。
せめて共有し合えるだけでも違ったかもしれません。



ですが、少しずつ少しずつ。今では雲が晴れていくように思います。




そうして気が付けば可愛げのない女が出来上がりました。
可愛い妻や可愛い母でありたいと思うのに。




泣きたくなることがあります。




でも残念ながら子供がいると泣きたくても泣けないのね(笑)
ホント、好き勝手に泣けていた独身時代が懐かしいです。



まだまだ我が家の船は揺れ続けるかもしれませんが
それでも頑張らずに頑張らなくてはなりません。
そろそろ可愛い奥さんに戻れるように、と落ち着いて考えられるように
なっただけでもマシなのだと思います。



ワタシもまだまだだなぁ!(笑)



そんな秋の所信表明演説です(笑)

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さい秋 | TOP | かっこイイ! »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (読者)
2016-10-05 13:52:04
ご主人もご家族も大変だったのですね
一度は決まった転職を妻の実家の反対で取りやめたのは辛かったのでしょうね。
回復されて何よりです。
シュウより (>読者さんへ)
2016-10-05 17:25:42
お言葉ありがとうございます。
おっしゃることが原因だったのか(転職は決定ではなかったんですよ♬)何がきっかけだったのかは分かりませんが、結果として私が妻として過不足であったことは否めません。
反省点としてそこしか思い至りません。
そういう意味で、本当に申し訳なく、そして自分自身を見つめ直す辛い時間です。

オツトという一人の人間についてもっと知らなくてはならないことが沢山あると今は思っています。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics