つれづれなぅままに

その日その時に思ったことや感じたことを書いてる日記もどきw

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

恐怖!あってはならない現実を見た瞬間!

2016-12-20 | 日記
 先週、家族で軽い日帰り旅行で奈良に行ってきたです。
 帰りはちょっと遠回りですが、和歌山方面に向けて~。
 そこでお腹空いたからみんなで軽めのランチということで、某チェーン店の回転寿司へ。

 さて、お腹いっぱいになったことだし、会計済ませて帰ろうかねぇ~と話している時、目の前には高齢のお爺さんとお婆さん。特にお爺さんはどうも足腰が悪いらしく、俗にいう「歩行器」に上半身預けてヨロヨロ~・・。1M進むのに10秒かかってそう。
 傍から見てても危なっかしい・・。
 で、ガラス扉を開けた若い男性がお爺さんとお婆さんを通してあげているので「お孫さんかなぁ?」と思って見ていたんだけど、どうやら赤の他人のようでした。アハハ。

 で。軽のワンボックスに向かって移動する老夫婦を横目に私たちも車に乗車。
 ところが

「・・嘘。マジで?」
 
と我が家の運転手が驚いたように声を上げ、全員が目の前の軽ワンボを見て唖然。

 なんと(まだまともそうな)お婆さんが助手席に。

「運転・・誰がすんの?」
「いや・・まさかねぇ~・・」

 すると後部座席を開けたような音。更に数分かかって「歩行器」を乗せてる模様。
 そして。

 あのお爺さんが運転席に!?

「ええ~?イヤないわぁぁ・・それ。まともに歩くことすらできんのに、運転とかぁーーー・・」
「ヤバイ、ヤバイですよ、あれは。やばすぎだよ!」
「そりゃアクセル踏むくらいはできっかも、だけど。絶対急ブレーキとか踏めないやろぉ? 反応できへんっていうより運動機能がほとんどないやん?!」

 全員硬直したまま、15分ほど時間がかかって、目の前の軽ワンボが動き出したのを、冷や汗だらだら息を飲みながら見送り。
 あの後、「怖いから、10分ほど開けるね・・」の言葉に全員思いっきり頷いてしまいましただ。

 地方自治体、何やっての?!
 なんで、あんな「まともな歩行すらできない高齢者」にいつまで運転させてるの!?

 とりあえず、あってはならないでしょ・・この現実。怖すぎるよぉーーーーーーーー・・・。

 和歌山県の橋本というところで見かけた、本当にあった怖い話。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 選挙投票に行ってきました! | トップ | 新春! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。