native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

【ministock-05(lab)】驚きもしない。-快適な小さい家-

2017-06-15 18:46:29 | ministock-05(lab)
昨日、大工さんが頭を悩ませていた小屋裏です。

色んな高さと方向に梁が行き交っています。
1か所に力が集中しないように分散させた結果生まれたカタチです。
どうしたら面白おかしく分散できるかなって考えました。

構造のデザインって、理に適えば適うほど美しくなります。
この小屋組みはほぼ現しになるので、実際にお住まいになられてからも見ることができます。

もちろん見学会でも。

高所恐怖症の方はちょっとスリルを感じてしまうかもしれませんが、ほぼ煙と変わらない私は高い所が大好きで、しばらくここで仕事をしてようかなと思い始めています。

ちょうど今、構造体が何も隠されてなくて、私がどんな考えで設計したのかが丸裸の状態になっています。
頭の中を覗かれているような気分になりますが、


こんな仕込みも大工さんにはさほど驚かれなくなりました。

応援に来てくれた大工さんが「なんだこれ?」って言ってるのに対して、いつもお世話になっている大工さんが事細かに説明してくれてました。

「図面まだ細かく見てないけど、たぶんこれはねぇ、こーで、あーで、あーだこーだなんだよ」って。


ばれてる・・・


ちぇ。



今回のラボです。
今回のラボは中々の迫力ある空間で、この土地でしかできないことを仕込みました。

これはまだバレてないだろ・・・

ひひひ

なんて、性格がひん曲がりそうなところでしたが、

私がミニストックで一番大好きなアングルを見て落ち着くことができました。

安定のアングルです。
このアングルこそがミニストックの答えです。




現場はすでに屋根の気密断熱工事が完了しました。
ちょっと夏場対策に改良を加えましたので、快適性が増すはずです。





ひひひ





やっぱり、ひん曲がってますね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ministock-05(lab)】嘘つき... | トップ | 塗り絵。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL