native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家が好きで構造計算や高気密高断熱が得意な建築士のブログ

「街中の狭小二世帯住宅」迫りくるもの。追いつけ追い越せとか。

2016-10-15 17:20:10 | その他の狭小住宅
今日は、午前中現場に張り付いて、午後はお客様と打ち合わせ。
先ほど家に戻ったら、テーブルの上にそっとCDが置いてありました。

おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。
奥さん、気が利くぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ。

全米が泣きました。

早速iTunesに入れながら聞いてます。
帰ってきたなぁ。帰ってきたよぉ。
ぐすん。

最近のSNSは、iphoneのジェットブラックとハイスタで埋められているような。
で、なぜかこのジャケット見た時にレッチリのcalifornicationを思い出して、CD引っ張り出してみたけど、全然違ったなって。
色味だけでした。似てるのは。
復活するときはこの色味がデフォルトなのか?

さて、現場の方はというと、雨が降ったり、晴れたりで、断熱施工をしたりしなかったり。
今日はいい天気という事で人海戦術に出ました。
動員を増やしての断熱施工。

というのも、今回は外張り断熱2重張りです。
防水紙張るまでにいくつもの困難が待ち受けているため、晴れている時に一気に片付けるしかありません。

一つ一つの行程を順番に行うのは危険と判断して、壁一面ごとに断熱施工と防風施工を行う作戦です。


その前に、先行して防風施工をするべきところを片付けます。

2重張りは単に断熱材を2回張るだけですが、サッシとの取り合いが超複雑。
詳細図はあるんですけど、大工さんがもっといい納まりはないかと意見を出し合っての作業となりました。


結果、作業は遅れ気味ですが、いいものを作りたいので。
しかし、断熱施工の後ろには、もう防水紙が迫っています。

抜かれてしまう~。

な、わけない。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 省エネしましょう | トップ | 【ministock-05(lab)】この間... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL