native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

【ministock-08(modern)】フィールド-現代版最小限住居-

2017-04-04 18:50:34 | ministock-08(modern)
私たちが「ようやく春かぁ」と言い始めたころ、すでに
あっつい、あっつい」言ってる家族がいるので、先日サマーカットしてあげました。

暑いか、寒いかはそれぞれです。
物差しが違えば、比べても仕方のないことです。


コレからアレに姿を変えるので、ご近所さんも驚きます。
家族も慣れていても、全然違う犬だねと毎回話します。
その度に、スタイルは毛が長い方が好きだけど、短い方が飼いやすいよねという話題になりますが、別にどっちがいいという訳でもありません。
比べても仕方のないことです。
ハート君はハート君のまま。
どっちも大好きよ




さて、




来週から本格的なお打合せが始まるミニストック-08の温熱計算を行いました。
外皮性能は0.37W/m2・K
先日の記事通り、予想通りの結果。平常運転中です。



ちなみに、



先日、ミニストック-07の外皮性能も計算しましたが、記事でもお伝えした通り0.41W/m2・Kです。

08が0.37W/m2・Kで、
07が0.41W/m2・K

お!08の方が性能いいじゃんってことになりますが、実は家全体に必要な熱はミニストック-07の方が少ないんです。
理由はミニストック-07の方が面積が小さいから。

しかし、各部位の断面性能(熱貫流率)は同じです。
同じミニストックシリーズなので。

先日に似てますが、
08の方が性能いいって言ってみたり、
07の方がいいって言ってみたり、
いや、どちらも同じですよって言ってみたり、

皆さんを惑わせようとするブラックな奴だと思ってませんか。
もちろんそんなつもりはありません。

結局のところ、間取りや大きさが変われば正確な比較はできません。
とある、条件の下で」の比較でしかなくて、その条件を理解してなければ、意味のない比較になってしまいます。
そして、その条件を皆さんに勉強してくださいとはいいません。

私が分かりやすく説明すればいいだけですから。
そもそも大きさや性能で比較することがナンセンスだと思っています。

ネイティブディメンションズでは、どんなお住まい、どんな大きさであろうとも光熱費の月平均が¥20,000(※)を下回るように設計します。(シミュレーションにおいて)

断熱材が同じでも建物の大きさが違えば、
大きさが同じでも間取りが違えば、
間取りが同じでも断熱材が違えばなど、
色んな条件が変わったとしても、¥20,000以下を目指します。

¥20,000を目指した結果こうなりますだと分かりやすくないですか。結果、坪単価はコロコロ変わりますが、そもそも坪単価がぼやけた存在ですし、私がその都度積算して、見積もりを提出すれば坪単価は必要ありません。坪単価は積算ができない人用のツールでしかありません。総額の方が大切です。

総額さえ分かれば、月々の返済額が分かりますし、おおよその光熱費も分かれば、月々の生活費の予想が立てられます。

設計・工事側のフィールドで住まいづくりをするのではなく、住み手側のフィールドで住まいづくりを進めています。




(※)ミニストックは光熱費の月平均が¥15,000前後になります。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ministock-07(lab)】2/3-新... | トップ | 気づき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL