native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

考えた量

2011-10-11 22:01:56 | こだわり設計

住宅に関わる会社は沢山あります。

そして、工法や素材、デザイン、価格などの特徴の積み重ねが会社や事務所などの特徴となります。

勿論ネイティブディメンションズにも特徴があり、それはホームページやブログでご覧いただけます。

思い付きや憧れで特徴は出せません。考えた積み重ねです。

ただし、ふと思ったんです。

ホームページやブログでご覧いただける特徴の他に、もっと大切な特徴があるんです。

R0013228

過去私がプランしたエスキース(下絵)の一部です。

数える気にもならない量です。

これがホームページ等に載っていない私の特徴。

この特徴こそが、私の「住宅論」です。まだまだ成長する予定ですが、皆さんにお勧めできる私の特徴です。

「形式的な」、「結果論的な」いい間取りではなく、それにたどり着くまでのアプローチ大切にして、背景を持たせる間取りの作り方。

ホームページ等で紹介されている特徴は、これの付加価値です。

間取りを寝ても覚めても考えています。

そればかり考えていられる環境で過しています。

20111011_0001

これは初回提案のエスキースの一例です。

なぜこの部屋がここにあるのか、なぜこことあそこが繋がっているのか、なぜここに窓があるのか、なぜここに出入り口があるのか、細かい理由が積み重なって一つのプランが出来上がります。

プランは必要な部屋を予算内に収めるパズルでは、用事が足りていません。

色々な事を積み重ねる作業がプランです。それは「考えた量」に比例すると思います。

ネイティブディメンションズの特徴は「考えた量」です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Pizi Light Bar LSG110 | トップ | 柳葉魚 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL