native dimensions blog

新潟市の住宅設計事務所ネイティブディメンションズ=狭小住宅や小さい家、構造計算、高気密高断熱が好きな建築士のブログ

きっかけってこんなもん

2015-06-22 20:03:07 | ministock-01
ミニストックが建って1年が経ちました。
もう1年かとしみじみ感じる今日この頃です。

Yさんと初めてお会いしたのは一昨年の3月でした。

メールでお問い合わせいただいたのが最初ですが、Yさんいわく最後の手段だったとの事。
当たり前ですよね。見た事も聞いたこともない設計事務所に依頼する勇気って言ったら、今日オープンのバンジージャンプ台で最初のジャンパーになるようなものです。

コンパクトな家に憧れてハウスメーカーやビルダーなど数十社回っていたけれど、どこもピンとくる間取りではなかったそうです。
その探している途中に私のブログやホームページに出会い、印象は良かったとの事でした。

ただし、どこの誰なのかがさっぱり分からない。
インターネットで検索掛けても、ホームページやブログ、タウンページくらいしか出てこないですから、問い合わせる勇気が出ない。
結局、リーサルウェポン扱いでしばらく寝かされていたようです。

でも、相変わらずいい間取りが出てこない。

ついに諦めての私への問い合わせです(苦笑)

問い合わせを頂戴して、初面談日を決めました。
最初の打ち合わせで私はミニストックの考え方を長々と語りつくそうとしましたが、Yさんはそんなのブログで散々読んできた。あそこまで書いてあればもう十分ですとの事。
ホームページで模型が載っていたので、それを見たかったと言うのと私の印象を確かめたかったんだと思います。

その初見で、Yさんから是非お願いしますと言われました。

今度はむしろ私がきょとん顔。

本当に私を信じていいんですか。ミニストックを信じていいんですかと。

頼むからもう一回日を改めて打ち合わせをしましょう。
その時まで気持ちの変化がなければ、ぜひお手伝いさせてくださいと。

↑超変な会話ですよ。

でも私としても、とてもびっくりしたんです。
元々ミニストックは私の自宅用で設計した間取りです。
ミニストックを共感していただくには、実物が絶対に必要だと思っていたのに、実物を見ることなくこれに住みたいと言ってくれたのですから。

本当にうれしくてうれしくて心が弾んだのと、すごく責任を感じたのを覚えています。

その初めてお会いしてから1年2か月後にミニストックが完成して、すでに1年間お住まいになっていただきました。
Yさんには本当に感謝です。おかげさまでミニストックは来年の夏までさらに4棟建ちそうです。
それも見学会等でご紹介できる予定です。

Yさんいわく、コンパクトな住宅に住みたいなと漠然と思っていたけど、構造計算がどうとか、省エネがどうとかまでは深く考えていなかったとの事でした。
その感覚で正常だと思います。
でも、私と出会ったことで、建物の性能に興味を持っていただき、ミニストックにして良かったとおっしゃっていただきました。

私は皆さんが思い描いている住宅をカタチにするのが仕事です。
どこの誰だか分からないネイティブディメンションズの鈴木淳ですが、どのハウスメーカー、ビルダーもできなかったことをやってのけたのもネイティブディメンションズの鈴木淳です。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高崎パスタ | トップ | sexy sweet »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL