バボザル

『我が生涯に一片の悔い無し!!!』が目標なのですが・・・

台風一過の韓国岳を狙って…

2017年08月09日 | 

大浪池登山口の駐車場です‼

 

朝、我が家から空を見上げると青空が見えていました。

これはもしかしたら、台風一過で素晴らしい景色を見ることが出来るんじゃないかと思い、

大浪池から韓国岳へと登ることにしました。

 

ここまで来る途中では、えびの高原付近は霧で真っ白。

5m先の視界もないくらいでした。

台風一過を期待して来てはみましたが、この時点で今回の目的は達成できない感いっぱいでした。

しばらく悩みましたが、行けるところまで行ってみようと、準備を済ませてスタートします‼

 

森がざわついています。

ルート上には風はありませんが、風で揺れる木々が凄く賑やかでした。

 

ラッパのようなキノコ‼

 

ツチグリが開ききってました。

 

普段はほとんど水が無い沢もイイ感じで水が流れています。

 

石段の上もちょっとした小川状態です。

水の中をチャプチャプ歩くのも童心に帰ってイイもんです。

 

雨に濡れた苔は活き活きとしてますね‼

 

ガスが濃くなってきましたが、これはこれでイイ雰囲気です。

木の上では凄い風の音がしていますけど・・・

 

強風で折れた木の枝も至る所に・・・

 

大浪池につきました‼

 

予想はしていましたが、真っ白です。。。

 

反時計回りで大浪池をまわり、韓国岳を目指すことにします‼

 

ガスの切れ間に大浪池の水面が・・・

 

池の外側でも凄い勢いでガスが流れていきます。

 

一瞬見える青空‼

 

青空が見えると大浪池にもスポットライトが当たっています。

 

ルート上は落ち葉で凄いことになってます。

油断すると滑るんですよね~

 

避難小屋につきました‼

 

行けるところまで行ってみます‼

 

木段をひたすら登ります‼

陽射しがなく、適度に風も吹いているので夏にしては快適に標高を稼いでいきます。

 

木段の横に鹿の骨がころがっていました。

 

人目につかないところで死んだ鹿の骨が雨で上から流されてきたようです。

いろんなパーツの骨がころがっていました。。。気色のいいもんじゃありませんね。

 

木段をひたすら登ります。。。

 

森林限界に近付いてくると、さすがに大荒れです。

 

この標識は台風の影響ではなく前から倒れてましたね。

 

雲の切れ間で一瞬視界が良くなることもありますが・・・

 

韓国岳(1700m)頂上です‼

 

ガッスガスです‼

しかも、凄まじい風が吹き付けています。。。

 

台風一過の素晴らしい景色を・・・っと思って登って来たのですが、撃沈です。。。

 

 

時折青空が見えますが、一瞬です。

 

なかなか思うようにいかないのも面白かったり…

 

貸し切りの頂上でしばらく待ちましたが、

ガスが晴れそうにもないのでげざんすることにします。

 

ガスの中へ突入します!

 

大浪池の分岐付近は魚でも泳いでいるんじゃないかと思うくらいの小川になっています。

 

木道の有難さがわかりますね‼

 

大浪池を一周してきましたが、安定のガス。。。

 

石畳の下りはツルッツルですからね~

要注意で歩きます。。。

 

 

昨年、台風が過ぎた後で見た韓国岳からの雲海をまた見たいという思いで登りましたが、

なかなか思うようにはいきませんね‼

それもまた醍醐味だったりもしますけど。。。

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕焼け | トップ | 涼しいうちに沢見展望所 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東雲の空)
2017-08-10 15:18:37
よく行ったね~~
笑ってしまうぐらいの風だったでしょう。

それと大雨降ると
避難小屋付近の木道ありがたみが判るよね。
無かったら水深膝上だもんね

大浪池周回路も池だったでしょう。

うちもなかなか行けなくて・・・

明日は行くつもりだけど・・・雷雨が怖いね・・
東雲の空さん (バボ)
2017-08-10 22:33:19
ホント、笑えるくらいの強風でしたよ。^^;
さすがに誰も登る人いなくて、
真っ白の強風の中の山頂は少し心細かったですね。

避難小屋付近は川状態でした!
雨の直後だったらもっと水深あったと思うと、
木道のありがたみがわかります。

明日は山の日なので、どこの山も多いでしょうね~
韓国岳や高千穂峰あたりでもイベントがあるんでしょうね‼

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL